カンヌ・レポート4:カンヌとフランス映画、そして並行部門「監督週間」と「批評家週間」

2014年 5月 28日 13:00 Category : News

このエントリーをはてなブックマークに追加

カンヌで観たその他の作品についても聞いた。

「今年のカンヌ映画祭でコンペでは、ベルトラン・ボネロの「Saint Laurent」は現実と妄想の交錯という、映画ならではの描写があって素晴らしかった。オリヴィエ・アサイアスのようにキャリアある監督の作品を観て、今回の彼の「Clouds of Sils Maria」も大変素晴らしかったので、まだ感動に震えているんです。他にゴダール(「Adieu au Langage」)もあり、この映画からは“カンヌのオープンさ”とは対極にある「なぜ?どうして?」と聞きづらい日本の状況を考えさせられた。

「Saint Laurent」

「Clouds of Sils Maria」

「Adieu au Langage」

「ある視点」部門では、パスカル・フェランの「BIRD PEOPLE」、マチュー・アマルリックなど。アマルリックの「LA CHAMBRE BLEUE」は、「サンローラン」と同じように頭のなかと現実との交ざり合いが絶妙。そして監督週間では、新しい才能を知った。いずれも作風、作品の長さがどれも違うので、フランス映画はその多様性と今も好調であるとカンヌで見せつけているという印象を得ました」。

「BIRD PEOPLE」

Related article

  • カンヌ国際映画祭開幕。「カンヌ」とはいったい何なのか
    カンヌ国際映画祭開幕。「カンヌ」とはいったい何なのか
  • カンヌ・レポート2:「ある視点」。カンヌ映画祭コンペティション以外の部門について
    カンヌ・レポート2:「ある視点」。カンヌ映画祭コンペティション以外の部門について
  • 今週末見るべき映画「2つ目の窓」
    今週末見るべき映画「2つ目の窓」
  • 静岡で「シズオカ×カンヌウィーク2012 ~野外と映画とフランスの3日間~」が開催
    静岡で「シズオカ×カンヌウィーク2012 ~野外と映画とフランスの3日間~」が開催
  • Interview:「イロイロ ぬくもりの記憶」アンソニー・チェン監督
    Interview:「イロイロ ぬくもりの記憶」アンソニー・チェン監督
  • カンヌ・レポート3:河瀬直美監督凱旋、シネフォンダシオンの平柳敦子監督受賞
    カンヌ・レポート3:河瀬直美監督凱旋、シネフォンダシオンの平柳敦子監督受賞

Prev & Next

Ranking

  • 1
    山中俊治ディレクション「骨」展
  • 2
    コムロタカヒロ氏、インタビュー。「KISS THE HEART#3」
  • 3
    ジャズ名盤講座第23回「MPS編」
  • 4
    美と機能の融合! CHEMEXの自動コーヒーメーカー登場
  • 5
    「ピエール・エルメ・パリ」に今年のクリスマスケーキが大集結
  • 6
    世界で一番小さなカップケーキ屋/パリの絶品スイーツ(3)
  • 7
    ツヴィリング・真紅の包丁は、キッチンツールの真骨頂
  • 8
    ジャズ名盤講座第26回「Fontana+Limelight編」ビギナー向け9選!マスター向け9選
  • 9
    建築家ピエール・シャローの知られざる魅力を公開
  • 10
    モダンデザインの粋を見る「バウハウス・デッサウ展」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加