「アンダーズ 東京」。ライフスタイル・ホテルが提案する新感覚の贅沢

2014年 7月 31日 08:00 Category : News

このエントリーをはてなブックマークに追加

6月11日に開業した『虎ノ門ヒルズ』における一番の話題は、日本初進出のハイアットブランド「アンダーズ 東京」だろう。ゲストが”自分らしく過ごせる新感覚の”ライフスタイル・ホテルとしてニューヨークやロンドンで話題を呼び、満を持して東京に登場した。その新感覚とは一体どのようなものなのか。

アンダース東京


アンダーズとは、ヒンディー語で「パーソナル・スタイル」を意味する。ラグジュアリーとはまた少し異なるクリエイティブで洗練されたサービスを提供する5ツ星ホテルである。ホテルのエントランスともなる51階にあるのは、ロビーではなく「アンダーズラウンジ」と言われるスペース。和紙のアート作品に飾られたエレベーターで51階に上がると、ゲストはそれぞれににこやかなスタッフに迎えられ、ゆったりとしたスペースに案内される。

アンダース東京


思い思いの席に腰掛けて、ドリンクを楽しみながらiPadでチェックインをするスタイル。友人の家でもてなしを受けるような感覚を覚える。

アンダース東京

アンダーズラウンジ

アンダーズのスタッフには、統一のユニフォームがなく、各自がいくつかの服の中からコーディネートをして装う。マニュアル的なサービスではなく、まさに”おもてなし”に通じる、クリエイティブなサービスマインドを感じさせる。

アンダーズのある場所の個性に合わせたデザインも、その場所に招かれた感覚になる要因かもしれない。世界的に著名なインテリアデザイナーであるトニー・チー氏と緒方慎一郎氏によるデザインは、モダンでとても洗練されていて、組子の作品や和紙など和のエッセンスが取り入れられている。51階のメインダイニング“アンダーズ タヴァーン”の天井を飾るのは、イギリス人アーティストのチャーリー・ウィニー氏の作品。木の描く曲線が、壁面の格子とアンサンブルを見せる。広がる眺望とそのデザインの妙が創り上げる空間、そしておもてなし的なスタッフのサービス。そこに身を置いたときからアンダーズのマジックにかかったようだ。

アンダース東京

51階のメインダイニング“アンダーズ タヴァーン”

客室は164室。スタンダードルームでも50平方メートルの広さがある。日本の風呂文化を取り入れ、シャワーと深いバスタブが別にある浴室も特徴のひとつ。

アンダース東京

アンダース東京

ゲストルーム

Related article

  • パリ、ギャラリー・ラファイエットで「メード・イン・モード」展開催
    パリ、ギャラリー・ラファイエットで「メード・イン・モード」展開催
  • SHIBAURA HOUSEで「空気の器 ワークショップ」
    SHIBAURA HOUSEで「空気の器 ワークショップ」
  • ムービー:瀬戸内国際芸術祭2010「家プロジェクト」
    ムービー:瀬戸内国際芸術祭2010「家プロジェクト」
  • Interview:アルノー・ド・サン=テグジュペリ・アンダーズ 東京のDNAを探して
    Interview:アルノー・ド・サン=テグジュペリ・アンダーズ 東京のDNAを探して
  • 建築家・坂茂による、避難所での簡易間仕切り
    建築家・坂茂による、避難所での簡易間仕切り
  • 「ザ・ペニンシュラ東京」でマクロビオティックフェア
    「ザ・ペニンシュラ東京」でマクロビオティックフェア

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ルイスポールセンの名作が50周年、カラフルにそして氷のように
  • 2
    上海のデザインユニット・ネリー&フーの考える家と街
  • 3
    フォトギャラリー:アウディ「S4」「S4アバント」発表会
  • 4
    ル・クルーゼ。この秋冬のテーマは“ワインを楽しむ食卓”
  • 5
    要注目のル・コルビュジエ関連企画
  • 6
    チッテリオ健在、ミラノサローネの華 B&B ITALIA
  • 7
    柴田文江デザイン「ZUTTO」に新色
  • 8
    アルミの新しい表情をインテリアに、イタリア・イカミ新作
  • 9
    吉柳/あの店で、今日もきちんと朝ごはん(4)
  • 10
    男の色気迸るパリのファッショニスタ、絶妙スタイルスナップ(3)

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加