自由が丘に誕生した大人のための食堂「BLUE BOOKS cafe 自由が丘」

2014年 11月 19日 08:00 Category : News

このエントリーをはてなブックマークに追加

飲食店の数が多い割に、いざという時にパッと思い浮かぶ店が少ない。そこそこいい大人になってくると飲食店の好みがあれこれうるさくなって、なかなか“通いたい”と思う店に巡り会えない街は結構身近にいくつも存在するものだ。そんな東京のジレンマを払拭するような店、毎日でも通いたくなる「大人のための食堂」を好きな街の一角につくりたい。ブルーノート東京がそんな想いをあたため、めぐらせながら提案するあらたな食空間が自由が丘に誕生した。

自由が丘駅から徒歩約5分のロケーションに誕生した「BLUE BOOKS cafe 自由が丘」は、「豊かなる日常、未知なるジブンに出会う場所」をテーマに、ブルーノート東京が音楽と本のある日常を提案する食空間。ブリック(煉瓦)を基調にしつらえた大人向けのシックな空間では、古き良き時代の音楽から最先端のサウンドにいたるブルーノート東京ならではの選曲と、BACH幅允孝氏が自由が丘の街をテーマに選りすぐった1,000冊の選書を同時に楽しめると同時に、食堂のような気軽さで胃袋を満たしてくれる料理の数々を味わうことができる。


同店のメニューの特徴は、ボリューム満点のオムライスやロールキャベツ、ナポリタンやマカロニグラタンなど、どこか懐かしい料理にさりげなくプロの技を感じさせる素朴で親しみ深い料理の数々。特にブルーノート東京ならではのアレンジで提案するバーガーやサンドウィッチ、串揚げ盛り合わせなどのイチ押しメニューも含め、よくある「洋食店風に」といったありきたりな解釈ではなく、誰もが愛着を感じるような定番料理をベースにしながらも、食材や調理法に同店ならではの捻りを効かせた味わいが魅力になっている。

串揚げ盛り合わせ 1,800円

カツレツサンドウィッチ 1,000円

Related article

  • 大人の男女を演出するバラのフレグランスが誕生
    大人の男女を演出するバラのフレグランスが誕生
  • インタビュー:マリオ・ベリーニ、名作誕生を語る
    インタビュー:マリオ・ベリーニ、名作誕生を語る
  • ヴァレンタインは、「キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ」で特別ランチを
    ヴァレンタインは、「キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ」で特別ランチを
  • フランス・ボルドー最新レポート(5)「新旧グルメの魅力」
    フランス・ボルドー最新レポート(5)「新旧グルメの魅力」
  • Interview:モエ・エ・シャンドン醸造最高責任者「ブノワ・ゴエズ」
    Interview:モエ・エ・シャンドン醸造最高責任者「ブノワ・ゴエズ」
  • ジャン=ポール・エヴァンの「真夏の夜の夢」
    ジャン=ポール・エヴァンの「真夏の夜の夢」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    元祖・アートの島には新作品がぞくぞく:瀬戸内国際芸術祭
  • 2
    太陽王にマカロン、歴史の詰まったサン・ジャン・ド・リュズ
  • 3
    愛車と呼びたくなる新色、リモワの「サルサ レーシンググリーン コレクション」
  • 4
    大岩オスカール氏の作品が焼失:瀬戸内国際芸術祭
  • 5
    メゾンエルメスでディディエ・フィウザ・フォスティノ展
  • 6
    高層ビルとアート。再生された街、シカゴの魅力
  • 7
    世界最高のアートフェア「Art Basel」をプレビュー
  • 8
    真っ暗闇で“見える”もの「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」
  • 9
    濱田庄司の生誕120年記念展
  • 10
    フィンランドの現代作家による「Awakening」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加