京都東山から世界を目指す、コーヒーロースター「% Arabica 京都」

2014年 12月 10日 08:10 Category : News

このエントリーをはてなブックマークに追加

世界60カ国以上を旅した東海林克範氏が2012年に設立して以降、香港拠点のコーヒーロースターとして展開する「% Arabica Coffee Roaster & Farm」が、日本初となる店舗を京都東山にオープン。「サードウェーブ」と呼ばれるコーヒーブーム〈第三の波〉にのり、海外からも多くのスペシャルティコーヒーショップやロースターの上陸が相次ぐなか、コーヒーとコーヒーカルチャーにおける「日本発の世界最高峰」を追求するあらたな挑戦が注目を集めている。


2014年9月京都・東山にオープンした「% Arabica 京都」は、「世界に通用する日本発のコーヒーブランドを創りたい」というオーナー東海林氏の想いから実現した「% Arabica Coffee Roaster & Farm」のフラッグシップストアだ。

最高のコーヒーを提供するためにハワイのコナにコーヒー農園を所有する東海林氏は、世界各地からスペシャルティコーヒーを貿易し、世界最高峰のエスプレッソマシン「スレイヤー」の日本・香港代理店、日本製焙煎機「トルネードキング」の海外輸出元などを務めるなど、コーヒー総合商社オーナーとして既にさまざまな角度からコーヒーを追求。今回オープンした「% Arabica 京都」では、「目と舌の肥えたコスモポリタン(国際人)に刺さるような世界最高峰のコーヒーとカルチャーを発信していきたい」という想いのもと、独自の哲学とユニークな取り組みを店作りのさまざまなディテイルに反映させている。店舗デザインは、香港の「% Arabica」の構想からデザインまでを担当した設計・デザイン事務所PUDDLE。

歴史ある昭和木造建築が建ち並ぶ八坂通りに誕生した店舗は、八坂の塔へと続く通り沿いに約50年前に建てられた2階建て古民家をリノベーションしたもの。開放感にあるガラスファサードが人目を惹く店舗の中には、「思わず覗き込みたくなる新たな横路のような」路地的内部空間が広がる。

八坂通りの石畳のパターンをコンクリート平板で再現した「% Arabica 京都」のエントランスエリア

Related article

  • エリザベス アーデンから新フレグランス「プリティ」
    エリザベス アーデンから新フレグランス「プリティ」
  • 空間が消える? ミラノサローネ、建築家・谷尻誠インタビュー
    空間が消える? ミラノサローネ、建築家・谷尻誠インタビュー
  • 森田恭通のカモフラージュ「ラ・シェーズ」がオークションに
    森田恭通のカモフラージュ「ラ・シェーズ」がオークションに
  • モレスキンの2008年ダイアリーコレクション
    モレスキンの2008年ダイアリーコレクション
  • スープから最新プロジェクトまで「遠山正道の仕事」展
    スープから最新プロジェクトまで「遠山正道の仕事」展
  • 「ニュクス」から新スキンケアプログラム
    「ニュクス」から新スキンケアプログラム

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ルイスポールセンの名作が50周年、カラフルにそして氷のように
  • 2
    上海のデザインユニット・ネリー&フーの考える家と街
  • 3
    フォトギャラリー:アウディ「S4」「S4アバント」発表会
  • 4
    ミラノサローネ2010、新デザイナーの起用 フレデリシア
  • 5
    フォトギャラリー:MINIジョン・クーパー・ワークス仕様
  • 6
    アートな驚き! パリで開催中の「ルイ・ヴィトン-マーク・ジェイコブス」展
  • 7
    今週末見るべき映画「僕らのミライへ逆回転」
  • 8
    僕とカミンスキーの旅 【今週末見るべき映画】
  • 9
    紙にまつわるプロダクトと活版印刷、パピエ・ラボ
  • 10
    「ミツコ」誕生90周年、ゲランから記念フレグランス

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加