『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

暗闇で五感を研ぎ澄ませて感じる「ジョニーウォーカー」の世界

2014年 12月 12日 17:00 Category : News

このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョニーウォーカーを象徴するブランドマーク、ストライディングマンにゲストが扮して撮影できる「ようこそ、香りの王国へ。」と書かれたボードに出迎えられ、その奥にある入り口から暗闇の世界へ。その先にあったのは、なんと、深海にあるバー。

12月4日から6日の3日間で行われた、ブレンデッド・スコッチウイスキー「ジョニーウォーカー」のイベントは、“深海 ブラック バー”と銘打って、様々な趣向を凝らしたもの。今なにかと話題の酒である“ウイスキー”を、深海を思わせる空間で、たっぷりと楽しめるという内容で行われた。


なぜ、暗い深海がテーマなのか? それは入り口のサインボードにもあった「香りの王国」がヒント。様々なフレーバーを持つジョニーウォーカーの馥郁たる香りの世界は、暗闇で五感が研ぎ澄まされ、それぞれのフレーバーを深く感じることができるというわけである。


いつもなら、きっとグラスが目の前に運ばれてきたなら、そのまま無意識にのんでしまうが、ここではまず香りを感じてから。そしてゆっくりと口に含んでみる。意識することで、口腔内に広がる豊かな味わいと香りを。それをこの深海の暗闇が背中を押してくれる。ジョニーウォーカーの特長である、フレーバーを知ることで、もっと美味しく楽しめるようになる。

どうしてこんなに豊かなフレーバーの層ができ上がっているのだろうか。ジョニーウォーカーは、スコットランド各地で作られている高品質なウイスキーを集め、絶妙なさじ加減でブレンドして生まれる。それそれが持つ多様な個性が、熟練の技を持つマスターブレンダーの手によって、スムースで深みのある味わいを持つ、唯一無二のものになるのである。様々なフレーバーがお互いを尊重するかのように、美しいハーモニーを奏でているのが、世界で一番愛されている、といってもいいウイスキーなのである。

Related article

  • 【告知】第四回ヘンタイ美術館|今回は、マネ・モネ・ドガ
    【告知】第四回ヘンタイ美術館|今回は、マネ・モネ・ドガ
  • フリーペーパー「dictionary」がアートの祭典を開催
    フリーペーパー「dictionary」がアートの祭典を開催
  • 東京湾を颯爽と走るリムジンボート
    東京湾を颯爽と走るリムジンボート
  • 【告知】第一回ヘンタイ美術館「~どうかしちゃってる天才たち~」開催
    【告知】第一回ヘンタイ美術館「~どうかしちゃってる天才たち~」開催
  • ネスプレッソが新コーヒーメーカー「Inissia」のイベントを開催
    ネスプレッソが新コーヒーメーカー「Inissia」のイベントを開催
  • ミシュラン掲載店で、フレンチとウイスキーを合わせる新たな楽しみ
    ミシュラン掲載店で、フレンチとウイスキーを合わせる新たな楽しみ

Prev & Next

Ranking

  • 1
    世界最大の現代美術展「ドクメンタ(13)」レポート
  • 2
    ミラノサローネとは一体何なのか?━世界最大のデザインイベント
  • 3
    太宰府 竈門神社新社務所計画プロジェクト。Wonderwall 片山正通氏、ジャスパー・モリソン氏インタビュー。
  • 4
    今日からスタート 「スパ&ウエルネスウィーク」で美と癒しのサロンへ
  • 5
    フォトギャラリー:日産コンセプトカー「インフィニティ エッセンス」
  • 6
    今週末見るべき映画「Dearダニー 君へのうた」
  • 7
    フライターグの次世代型リュック「F48 HAZZARD」
  • 8
    家具、デザインの名ブランドが続々と―ケルン国際家具見本市レポートVol.2
  • 9
    はじめてのおもてなし 【今週末見るべき映画】
  • 10
    ますます充実、「ピエール・ガニェール パン・エ・ガトー」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加