深夜までおいしい蕎麦が味わえる店「銀座 真田」

2014年 12月 30日 08:00 Category : News

このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事帰りに、できれば時間を気にせずゆっくり蕎麦飲みがしたい。仲間たちと飲んだ後においしい蕎麦で〆たい。無類の蕎麦好きにとって嬉しい店が、東京・銀座にオープンした。

銀座5丁目に誕生した「銀座 真田(ぎんざ さなだ)」は、長野県が都内で初めて手がけるセレクトショップ「銀座NAGANO」と同日にグランドオープンした信州料理と蕎麦の店だ。


プロデュースするのは、長野県軽井沢を拠点に「川上庵」「東蔵」「松原庵」「沢村」「THE CITY BAKERY」「酢重正之」など、地元軽井沢や都内をはじめ多彩なブランドを展開する株式会社フォンス。すでに蕎麦の店を数々手がけるフォンスが、「川上庵」や「松原庵」とはまたひと味もふた味も異なる(同店独自の)こだわりの配合で強いコシと瑞々しい喉越しの蕎麦を実現。「すだち 鬼おろしそば」「とろろぶっかけそば」など真田特製蕎麦や、「川上庵」の“クルミだれ”を真田の蕎麦で再現した「クルミだれ せいろ」、「信州産地鶏と玉子とじそば」「鴨煮そば」などなど、冷温ともに魅力的な蕎麦をラインナップする。

鴨の出汁が効いた熱々の汁と、強いコシの冷たい蕎麦の絶妙なバランスが味わえる「鴨せいろ」。1,800円

同店の魅力は、蕎麦のみならず。信州の契約農家から直送される新鮮な野菜や、全国にはなかなか出回らない隠れた食材を駆使した料理の数々、信州にゆかりの地酒など、長野の魅力を満喫させてくれる“酒の肴”も充実する。昼はやはり蕎麦(単品880円~)や、店自慢の季節の前菜と好みのお蕎麦を組み合わせられる「お好み蕎麦セット」(2,300円)など昼のコースがおすすめだが、夜は「そば屋のだし巻き玉子」「信州豚の味噌漬け焼き」「信州粗挽きソーセージ鉄板焼き」「ホルモンの信州みそ煮」など、ここには書ききれない魅力あふれるおしながきも見逃せない。

昼イチ押しのコース「真田コース」(2,700円)で評判の“季節の前菜七種盛り”

契約農家直送の新鮮な野菜や旬な食材による「季節の土鍋炊き込みご飯」もおすすめ

Related article

  • 肌のコア(核)へ踏み込むエイジングケア「Regene」誕生
    肌のコア(核)へ踏み込むエイジングケア「Regene」誕生
  • アマダナがポケットビデオカメラ「SAL」を発売
    アマダナがポケットビデオカメラ「SAL」を発売
  • ピエール・エルメ・パリの「シークレットパーティ」密着レポ
    ピエール・エルメ・パリの「シークレットパーティ」密着レポ
  • 1粒3,000円、限定100個の黒トリュフ入りショコラ
    1粒3,000円、限定100個の黒トリュフ入りショコラ
  • マイク・エーブルソンが発明した「Wheel Printer」
    マイク・エーブルソンが発明した「Wheel Printer」
  • 美しい湘南の海を目前に望む「佐島倶楽部」
    美しい湘南の海を目前に望む「佐島倶楽部」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    写真との幸福で理想的な関係。「梅佳代展 UMEKAYO」
  • 2
    コクヨのショップ&カフェが、東京、千駄ヶ谷に5月26日オープン!
  • 3
    北斎 VS 広重 浮世絵、富士山対決
  • 4
    テーマは「都市と自然」。札幌国際芸術祭レポート
  • 5
    花に変容をもたらす魔法の小箱、東信の個展
  • 6
    新型ゴルフのデザイナーが語る「本当に美しいデザイン」とは?
  • 7
    iPadに「デジタルクラフトの世界。」を無料配信開始
  • 8
    今週末見るべき映画「天使の分け前」
  • 9
    永遠のCM修行僧、中島信也の絵コンテ集
  • 10
    恵比寿に、杉本貴志プロデュース『春秋ユラリ』がオープン

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加