鹿児島の小離島から発信される、大地の恵み、海の幸(前篇)|おいしいMade in Japan#02

2015年 2月 12日 08:00 Category : News

このエントリーをはてなブックマークに追加

東京にいると美食の情報があふれ、世界中の食材が簡単に手に入る時代。選択肢が多い分、何を選ぶか迷ってしまいがちだ。でも、今年はまず日本国内のおいしいものに目を向けてみたい。こちらもそれこそ星の数ほどあるけれど、もの作りの裏側にストーリーが宿る、おすすめのMade in Japanのおいしいものをお届けする。

今回お届けするのは、鹿児島は薩摩川内市の甑島(こしきしま)のおいしいもの。甑島は、鹿児島といっても長崎に近い、青く美しい東シナ海にある甑島列島のこと。上甑島、中甑島、下甑島を中心に大小たくさんの島が点在している。ここで見つけたのは、上甑島にある島の豆腐店である山下商店が作る「とうふ屋さんの大豆バター」。大豆の新しい食べ方が楽しめる、ユニークなペーストだ。この商品が生まれるきっかけは、上甑島で生まれ育った店主である山下賢太氏の島への熱い思いがある。

とうふ屋さんの大豆バター。3本セットで1,620円

そもそも美しい海に囲まれた甑島のイメージといえば、まず浮かぶのは海の幸。そこで豆腐である。その辺りを山下氏に伺ってみると子供の頃の記憶に辿り着く。

一年中温暖な気候に恵まれている甑島

「私がまだ幼かった頃、近所に小さな豆腐屋さんがありました。毎朝6時に湯気があがる豆腐屋さんにザルをもって朝ごはんのおつかいにいきました。覚えているのは、豆腐の記憶よりも、汗だくで働くおばあちゃんの背中。ですが大人になったとき、豆腐店はなくなり、近くの小さな港が整備され、島の人が憩いの場として集っていたアコウと呼ばれる大きな木も消えてしまっていた。そこにあったはずの漁師小屋もベンチも、風景も、人が集うことも。時代の流れとともに、何かと引き換えに失ってしまったように思ったのです」。

Related article

  • 世界で一番小さなカップケーキ屋/パリの絶品スイーツ(3)
    世界で一番小さなカップケーキ屋/パリの絶品スイーツ(3)
  • コダックから世界初360°アクションカメラ「SP360」誕生
    コダックから世界初360°アクションカメラ「SP360」誕生
  • エピス|その豊かな色彩に思わずみとれる、パリのストールブランド
    エピス|その豊かな色彩に思わずみとれる、パリのストールブランド
  • パディントンに会いに英国へ!(4)/LOVE 英国、LOVE ロンドン
    パディントンに会いに英国へ!(4)/LOVE 英国、LOVE ロンドン
  • 暗闇で五感を研ぎ澄ませて感じる「ジョニーウォーカー」の世界
    暗闇で五感を研ぎ澄ませて感じる「ジョニーウォーカー」の世界
  • DOが提案する食空間、「DO TABELKA」が日本橋にオープン
    DOが提案する食空間、「DO TABELKA」が日本橋にオープン

Prev & Next

Ranking

  • 1
    【レポート】第三回ヘンタイ美術館、「理想と現実、どちらがヘンタイか」
  • 2
    グリーン ポルシェ!  パナメーラS e-ハイブリッド
  • 3
    車と人のいい関係。ボルボ V40、デザイナーが語る北欧主義
  • 4
    インタビュー:マリオ・ベリーニ、名作誕生を語る
  • 5
    谷尻誠インタビュー:都心の広場に巨大なジャングルジムが出現
  • 6
    ムービー:軽井沢千住博美術館、西沢立衛設計
  • 7
    iPad、販売台数200万台を突破
  • 8
    レイバンの名作が、ミッドセンチュリー色にパワーアップ
  • 9
    アルフレッド ダンヒル 銀座本店がオープン
  • 10
    アルファ ロメオ 8C コンペティツィオーネが日本国内に

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加