鹿児島の小離島から発信される、大地の恵み、海の幸(後篇)|おいしいMade in Japan#02

2015年 2月 16日 08:05 Category : News

このエントリーをはてなブックマークに追加

東京にいると美食の情報があふれ、世界中の食材が簡単に手に入る時代。選択肢が多い分、何を選ぶか迷ってしまいがちだ。でも、今年はまず日本国内のおいしいものに目を向けてみたい。こちらもそれこそ星の数ほどあるけれど、もの作りの裏側にストーリーが宿る、おすすめのMade in Japanのおいしいものをお届けする。

i鹿児島の小さな島、甑島(こしきしま)にある豆腐屋と土産物店の山下商店は、街のランドマークとして島の人々とつなぎ、そして本土の人々に、島のおいしいものや思いを伝えているが、豆腐や大豆バターだけでなく、もちろん海の幸も届けている。それが「太陽のきびなごオリーブオイル漬け」だ。

ラベルも可愛い「太陽のきびなごオリーブオイル漬け」750円

きびなごは鹿児島の特産物。東シナ海に浮かぶ島、甑島でも漁は行われている。青くてきらきらした美しい姿をした小魚、きびなごは鮮度が命。そのため、いろいろな加工食品が出回っているが、ここ甑島では、数ある加工食品に加え、きびなごをオリーブオイルに漬けて瓶詰めにした商品を考案した。オイルサーディンのような、オイル漬けのきびなごは、そのまま食べてもいいし、チーズと一緒におつまみに、ブルスケッタの上に乗せてもいいそう。パスタと合わせてもおいしそうだ。

もうひとつの人気商品は庵地つけあげ店が作る「ヨシエおばちゃんのつけあげ」。甑島の漁港にはたくさんの魚が水揚げされる。それらを使って、魚のすり身を作り、でんぷんや卵白を使わないで揚げたつけあげは、魚の滋味と優しい味わいがじんわりと伝わってくるような逸品となっている。

「ヨシエおばちゃんのつけあげ」プレーンタイプ5枚入り 540円、人参入り小8枚入り 432円

1日に1200枚ほどのつけあげを揚げる庵地ヨシエさん。40年家族で守り続けてきた味だそう。すこし温めて食べるのがおすすめ

Related article

  • 日本橋大伝馬町に新たなカフェレストラン、「Rensa」オープン
    日本橋大伝馬町に新たなカフェレストラン、「Rensa」オープン
  • NYで話題のイタリアンシェフによる、7日間だけの至極の美宴
    NYで話題のイタリアンシェフによる、7日間だけの至極の美宴
  • 見果てぬ夢を体験する。トーヨーキッチンスタイル大阪
    見果てぬ夢を体験する。トーヨーキッチンスタイル大阪
  • 表参道『GYRE』の魅力的な飲食店
    表参道『GYRE』の魅力的な飲食店
  • 三越伊勢丹、羽田空港に初のレディスショップがオープン
    三越伊勢丹、羽田空港に初のレディスショップがオープン
  • フォションから、美と健康のための新シリーズ
    フォションから、美と健康のための新シリーズ

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フォトギャラリー:BMW 最新コンセプト
  • 2
    ポルシェがル・マンにかえった日/ポルシェ、その伝説と衝動(5)
  • 3
    ルイーズ・キャンベルとロイヤル コペンのコラボ食器
  • 4
    クラフトビールの新しい楽しみ方、スプリングバレーブルワリー
  • 5
    インタビュー:マリオ・ベリーニ、名作誕生を語る
  • 6
    必要な分だけ沸かせる湯沸かし器「Miito」
  • 7
    フォトギャラリー:マリメッコのニューヨーク店
  • 8
    今週末見るべき映画「ニューヨークの巴里夫(パリジャン)」
  • 9
    今週末見るべき映画「イヴ・サンローラン」
  • 10
    フォトギャラリー:「レクサス RX ミュージアム」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加