『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

MOOG、1973年製シンセサイザーを数量限定で復刻

2015年 2月 19日 08:10 Category : News

このエントリーをはてなブックマークに追加

「シンセサイザーの父」と崇められるロバート・モーグ。彼の名を冠したシンセサイザーメーカーMoogは、1973年製アナログシンセサイザーの「System55」「System35」「Model15」の復刻を発表した。

System55

アメリカの電子工学者ロバート・モーグは「モーグ・シンセサイザー」の開発者として知られる高名なシンセビルダー。彼が1960年代に発表したシンセサイザーは、それまでのような単独仕様の機種ではなく、発音、増幅、変調などシンセサイズ機能ごとにデザインされた複数のモジュールで構成された、革新的な新機種として注目を集めた。パッチングの組み合わせで無数のサウンドを生み出す可能性を秘めた電子楽器として、現代も多くの音楽ファンを魅了している。

彼が発表した「モジュラーシンセサイザー」は、キーボーディストのウェンディ・カルロスやキース・エマーソンなどプレイヤーの声を多く反映し、開発にあたったとされており、後のエレクトロニック・ミュージックの発達と認知にも多大な影響を与えたとも言われている。彼がその後も量産可能な機種の開発にも注力し、鍵盤一体型のポータブルシンセサイザー「ミニモーグ」など、幅広い人たちに愛用される名器を発表してきた。

System35

今回Moog社はそのモジュラーシンセサイザー誕生50周年を記念し、1973年製の人気機種「System55」「System35」「Model15」の復刻および販売を全世界に向けて発表した。

Related article

  • 自然・先端科学・デザイン。未来を肯定する意思/ロボットデザイナー 松井龍哉。 あざやかな未来(2)
    自然・先端科学・デザイン。未来を肯定する意思/ロボットデザイナー 松井龍哉。 あざやかな未来(2)
  • 音楽をカジュアルに楽しめる「バルーン型」スピーカー
    音楽をカジュアルに楽しめる「バルーン型」スピーカー
  • デザインのグロッサリー、池尻大橋にセンプレ本店
    デザインのグロッサリー、池尻大橋にセンプレ本店
  • パタゴニアが100%トレーサブル・ダウンを発表
    パタゴニアが100%トレーサブル・ダウンを発表
  • イタリアデザインの巨匠、エンツォ・マーリの一大個展
    イタリアデザインの巨匠、エンツォ・マーリの一大個展
  • ミラノのステイショナリーブランドNAVAから深澤直人デザイン
    ミラノのステイショナリーブランドNAVAから深澤直人デザイン

Prev & Next

Ranking

  • 1
    人気スタイリストが手がけるスタイリッシュな国産メガネ「Little Emma-2(リトルエマ ツー)」
  • 2
    ジャズ名盤講座第1回「ブルーノート~1500番台編」
  • 3
    伊勢丹新宿店、新リビングフロアをさっそく分析
  • 4
    今週末見るべき映画「花の生涯 梅蘭芳」
  • 5
    今を見つめる鮮やかな視点。「路上と観察をめぐる表現史ー考現学以後」
  • 6
    Chocolat Chic (ショコラ・シック)/女をあげる、sweetなスイーツ(4)
  • 7
    007ボンドカー、アストン・マーティン DBSにニューモデル
  • 8
    ”天国にいちばん近い”、モーリシャス「ワン&オンリー・ル・サンジェラン」
  • 9
    現代美術界の奇才、初の大規模個展「会田誠展:天才でごめんなさい」が森美術館で開催
  • 10
    今週末見るべき映画「火の山のマリア」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加