飛行機に乗ってまで観に行く価値がある、極上のショーとは

2015年 2月 25日 08:05 Category : News

このエントリーをはてなブックマークに追加

こだわった演出や美術セットのエンターテインメントショーの中でも、ここ数年、世界最大級のウォーターショーと言われているものがある。それが「ザ・ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター」だ。タイトルにあるように、水を自在に操る独特な世界は、ラスベガスで話題になった、同じく水をテーマにしたシルク・ドゥ・ソレイユの「O(オー)」(*上演終了)と同じく、世界中から高い評価を得ている。


この「ザ・ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター」を作・演出しているのが、エンターテインメント界で世界的な巨匠と知られているフランコ・ドラゴーヌ。シルク・ドゥ・ソレイユで経験と名声を高め、実は前出の「O」も彼の作品なのだ。まるで水に魔法をかけ、自在に操っているような演出、ロマンスとアドベンチャーを巧みに組み合わせ、ファンタジーを織り交ぜたストーリーは、彼が最も得意とする分野だ。このショーの制作費は日本円で約230億円以上をかけている。

Related article

  • いつでも“小さな焚き火”ができる「BURNIE GRILL」
    いつでも“小さな焚き火”ができる「BURNIE GRILL」
  • 美食の街シンガポールで、ヘルシーステイを
    美食の街シンガポールで、ヘルシーステイを
  • 未来の可能性にスポットライトを|Future Makers#02
    未来の可能性にスポットライトを|Future Makers#02
  • 「インポートもの」イタリアキッチン、新作お目見え
    「インポートもの」イタリアキッチン、新作お目見え
  • キッチンに男が立つと。料理で変わる空間|Guys in the Kitchen#04
    キッチンに男が立つと。料理で変わる空間|Guys in the Kitchen#04
  • お洒落なストレッチダウン“YOSOOU”/シーズンの始めにダウンを買う(3)
    お洒落なストレッチダウン“YOSOOU”/シーズンの始めにダウンを買う(3)

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ユルゲン・ベイが提案する、新しいオフィスのあり方
  • 2
    コンペティションの9作品を紹介━第13回東京フィルメックス
  • 3
    今週末見るべき映画「消えた画 クメール・ルージュの真実」
  • 4
    梅最中/梅花亭 by Tokyo的 男の手土産
  • 5
    トレードマークは手錠、バッグブランド「カフス」
  • 6
    東京・有楽町に阪急MEN'S TOKYOがオープン
  • 7
    メタフィス新作、ユニークな1人用の電気鍋など
  • 8
    ブルーマン再び! 「BLUE MAN GROUP IN TOKYO」再演
  • 9
    何気なく、みずみずしい日常の瞬間を描くナターシャ・ロウ
  • 10
    今週末見るべき映画「リスボンに誘われて」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加