人の手にしか生み出せない喜びがある|Future Makers#03

2015年 3月 2日 17:00 Category : News

このエントリーをはてなブックマークに追加

街中で見かけることが減ってきた手書きの看板。それは「サインペインティング」と言われた昔ながらの手法。かつて今のように機械がまだ普及していなかった時代、町中に人の手によって生み出されたモノが溢れていた頃。人々は手作りのモノを使い生活し、手書きの看板から情報を入手し、手紙を書いて誰かに想いを伝えていた。

それらは単なるモノや道具ではなく、人の手によって生まれたモノだからこそ感じることができるぬくもりを伴っていたはずだ。

しかし、現在、街中からそのぬくもりが失われつつある。手紙を書くためにペンを持っていた手は、メールを打つためにスマートフォンを持つようになり、絵を書くために筆を持っていた手は、ソフトウェアを操作するためにマウスを持つようになった。モノを一つ一つ作るために使われていた人の手は、作業効率を上げるためにロボットの手に取って替わられた。

そんな時代の流れを受け、街を歩いると目に入る広告や看板は今やそのほとんどが機械によって描かれ彩られている。確かに、デジタルによってしか生まれない魅力的なデザインや感情もある。しかし、その代償として人々が失ってしまったものもあるのではないだろうか。そんな今だからこそ、人の手から生まれるモノの価値を今一度、再確認してみるのはどうだろう?

その価値を知り、自らの手でモノを生み出すことの楽しさを忘れない一人の男がいる。東京都目黒区にある「ペイントファクトリー」を主宰する工藤氏だ。彼は「エイジングペイント」、「サインペインティング」の第一人者。これからみなさんが目にするのは、彼が歩み続ける道 その“途中”の物語。

エキサイトイズムのプレイヤー














お問い合わせ:スポットライト

文/スポットライト

Related article

  • 現代のリサイクルショップ「PASS THE BATON」
    現代のリサイクルショップ「PASS THE BATON」
  • 味の素のパッケージをマーク・ニューソンがデザイン
    味の素のパッケージをマーク・ニューソンがデザイン
  • 大人の男の成熟を描く、「ブルー ドゥ シャネル」 
    大人の男の成熟を描く、「ブルー ドゥ シャネル」 
  • 災害時、デザインは何ができるか?を考えた展覧会
    災害時、デザインは何ができるか?を考えた展覧会
  • 思わずウィーンを旅したくなる「ウィーントラベルブック」
    思わずウィーンを旅したくなる「ウィーントラベルブック」
  • インタビュー:アントン・ベーケ 「ポスト・フォッシル」展より
    インタビュー:アントン・ベーケ 「ポスト・フォッシル」展より

Prev & Next

Ranking

  • 1
    iPad2用アルミボディのキーボード
  • 2
    今週末見るべき映画「しわ」
  • 3
    フォトギャラリー:ジャスパー・モリソンによるRADO「r5.5」
  • 4
    伊勢丹新宿店「LOVE COMMUNICATION」レポート
  • 5
    第17回東京フィルメックスが閉幕 最優秀作品賞は「よみがえりの樹」
  • 6
    君の名前で僕を呼んで 【今週末見るべき映画】
  • 7
    7.9インチの『iPad mini』と第4世代の『iPad』を発表
  • 8
    「ロディア」75周年記念のクリスマス限定商品
  • 9
    伝統と革新のマスターブレンダー、コリン・スコット氏|Interview
  • 10
    例えればファーストクラスのラウンジ、ミノッティ新作

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加