人の手にしか生み出せない喜びがある|Future Makers#03

2015年 3月 2日 17:00 Category : News

このエントリーをはてなブックマークに追加

街中で見かけることが減ってきた手書きの看板。それは「サインペインティング」と言われた昔ながらの手法。かつて今のように機械がまだ普及していなかった時代、町中に人の手によって生み出されたモノが溢れていた頃。人々は手作りのモノを使い生活し、手書きの看板から情報を入手し、手紙を書いて誰かに想いを伝えていた。

それらは単なるモノや道具ではなく、人の手によって生まれたモノだからこそ感じることができるぬくもりを伴っていたはずだ。

しかし、現在、街中からそのぬくもりが失われつつある。手紙を書くためにペンを持っていた手は、メールを打つためにスマートフォンを持つようになり、絵を書くために筆を持っていた手は、ソフトウェアを操作するためにマウスを持つようになった。モノを一つ一つ作るために使われていた人の手は、作業効率を上げるためにロボットの手に取って替わられた。

そんな時代の流れを受け、街を歩いると目に入る広告や看板は今やそのほとんどが機械によって描かれ彩られている。確かに、デジタルによってしか生まれない魅力的なデザインや感情もある。しかし、その代償として人々が失ってしまったものもあるのではないだろうか。そんな今だからこそ、人の手から生まれるモノの価値を今一度、再確認してみるのはどうだろう?

その価値を知り、自らの手でモノを生み出すことの楽しさを忘れない一人の男がいる。東京都目黒区にある「ペイントファクトリー」を主宰する工藤氏だ。彼は「エイジングペイント」、「サインペインティング」の第一人者。これからみなさんが目にするのは、彼が歩み続ける道 その“途中”の物語。

エキサイトイズムのプレイヤー














お問い合わせ:スポットライト

文/スポットライト

Related article

  • 究極の映像と音、バング&オルフセン「BeoVision 7-55」
    究極の映像と音、バング&オルフセン「BeoVision 7-55」
  • 自然の美しさをシルバーとゴールドで表現した繊細ジュエリー
    自然の美しさをシルバーとゴールドで表現した繊細ジュエリー
  • 上海のデザインユニット・ネリー&フーの考える家と街
    上海のデザインユニット・ネリー&フーの考える家と街
  • 松井龍哉が語る、10年代のデザイナーとデザインオフィス
    松井龍哉が語る、10年代のデザイナーとデザインオフィス
  • 話題の賃貸ビル「the SOHO」モデルルームが公開
    話題の賃貸ビル「the SOHO」モデルルームが公開
  • nendo×水木しげるが初コラボ「妖怪だるま」
    nendo×水木しげるが初コラボ「妖怪だるま」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    時を経た植物の美しさ。叢(くさむら)小田康平氏インタビュー
  • 2
    グリーン ポルシェ!  パナメーラS e-ハイブリッド
  • 3
    ミラノサローネとは一体何なのか?━世界最大のデザインイベント
  • 4
    山のような建築 雲のような建築 森のような建築
  • 5
    今週末見るべき映画「ストックホルムでワルツを」
  • 6
    Think Open! ザ・ビートル カブリオレのクリエイターズスタイル
  • 7
    吉岡徳仁氏受賞、20日からメゾン・エ・オブジェ2012
  • 8
    Zoff amadanaと初のコラボレーション『Zoff ×amadana PCメガネ』
  • 9
    円と直線が生み出す本質。固定観念に挑み続ける表現者、高橋理子
  • 10
    ノーベル賞受賞成分EGFを上回る、FGF-1配合美容液

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加