シェフ・パティシエ 成田一世の挑戦|発酵するチョコレート

2015年 3月 18日 08:05 Category : News

このエントリーをはてなブックマークに追加

チョコレートが発酵食であるということを忘れてはいないだろうか? 発酵ブームの中、もう一度、身近なスイーツ、チョコレートについて考えてみたい。いまや世界の高級ブランド品に成り上がったチョコレートだが、その原点をたどれば、自然と人の叡智と歴史が詰まった、本当のおいしさが見えてくる。

「自分はフランス人だと思っています」。

銀座のレストラン、ESqUISSE(エスキス)でシェフ・パティシエを努める成田一世氏は、自らをフランス人と評する。ジョエル・ロブション、ピエール・エルメなど名だたる世界の名店でシェフ・パティシエを歴任してきた成田氏。妥協を許さず、とことん自らのクリエイションを追求する姿勢には、世界を俯瞰する視野がある。

ESqUISSE店内


なかでも驚くのは、チョコレートへのこだわりだ。成田シェフの作るチョコレートは原料のカカオ豆の発酵菌から、選び抜かれている。


「カカオ豆は、発酵の段階で味が決まってしまいます。豆だけ見ていてはダメなんです。私が作るチョコレートは、どうやってカカオ豆を発酵させたか、ということまでこだわっています。今年はマダガスカルのものを輸入していますが、これはバナナの皮を使って発酵させています。昨年は、世界でもナンバー1といわれたチュアオ村のカカオを使いました。そこにしかない土着のバクテリアというのが存在するんです。かつてフランスとイタリアは、この村のカカオ豆を巡って争ったくらいです」。

Related article

  • ヘッドスパの先駆者ジョジアンヌ・ロール女史が来日
    ヘッドスパの先駆者ジョジアンヌ・ロール女史が来日
  • モーニントン半島で乗馬ワイナリー巡り/オーストラリアを旅する(3)
    モーニントン半島で乗馬ワイナリー巡り/オーストラリアを旅する(3)
  • ついに開幕!伊勢丹「サロン・デュ・ショコラ」(#02.レポート)
    ついに開幕!伊勢丹「サロン・デュ・ショコラ」(#02.レポート)
  • パリの街角vol.7『ニコラ・ゴードン with シンスケ』
    パリの街角vol.7『ニコラ・ゴードン with シンスケ』
  • 毎年6月第1木曜日は、アペリティフの日
    毎年6月第1木曜日は、アペリティフの日
  • C3(シーキューブ)から新食感の焼き菓子が登場
    C3(シーキューブ)から新食感の焼き菓子が登場

Prev & Next

Ranking

  • 1
    史上最もパワフルなCクラス
  • 2
    写真で見る、MacBook Pro Retinaディスプレイモデル
  • 3
    トロワグロファミリーの歴史を振り返る、2日間だけの特別ディナーを開催
  • 4
    ジャズ名盤講座第20回「ワーナー・ブラザーズ編」
  • 5
    小沢剛と高木正勝が見た、アフリカの姿。
  • 6
    ハワイが育てる、新進ファッションデザイナー達
  • 7
    長山智美のムームー日記SP「おお!イケアのイっケんヤ!」
  • 8
    今週末見るべき映画「美しすぎる母」
  • 9
    颯爽美人のエア パンプス、コール ハーンのスプリングフェアで探したい
  • 10
    ±0 青山本店が5周年、新製品発表

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加