シェフ・パティシエ 成田一世の挑戦|発酵するチョコレート

2015年 3月 18日 08:05 Category : News

このエントリーをはてなブックマークに追加

チョコレートが発酵食であるということを忘れてはいないだろうか? 発酵ブームの中、もう一度、身近なスイーツ、チョコレートについて考えてみたい。いまや世界の高級ブランド品に成り上がったチョコレートだが、その原点をたどれば、自然と人の叡智と歴史が詰まった、本当のおいしさが見えてくる。

「自分はフランス人だと思っています」。

銀座のレストラン、ESqUISSE(エスキス)でシェフ・パティシエを努める成田一世氏は、自らをフランス人と評する。ジョエル・ロブション、ピエール・エルメなど名だたる世界の名店でシェフ・パティシエを歴任してきた成田氏。妥協を許さず、とことん自らのクリエイションを追求する姿勢には、世界を俯瞰する視野がある。

ESqUISSE店内


なかでも驚くのは、チョコレートへのこだわりだ。成田シェフの作るチョコレートは原料のカカオ豆の発酵菌から、選び抜かれている。


「カカオ豆は、発酵の段階で味が決まってしまいます。豆だけ見ていてはダメなんです。私が作るチョコレートは、どうやってカカオ豆を発酵させたか、ということまでこだわっています。今年はマダガスカルのものを輸入していますが、これはバナナの皮を使って発酵させています。昨年は、世界でもナンバー1といわれたチュアオ村のカカオを使いました。そこにしかない土着のバクテリアというのが存在するんです。かつてフランスとイタリアは、この村のカカオ豆を巡って争ったくらいです」。

Related article

  • ボッテガ・ヴェネタ「これからのものづくり」、新しい時代の強さとは?
    ボッテガ・ヴェネタ「これからのものづくり」、新しい時代の強さとは?
  • 11日まで伊勢丹新宿店で「イタリア展」開催中
    11日まで伊勢丹新宿店で「イタリア展」開催中
  • バレンタインにルイ・ヴィトン「モノグラム・マカサー ライン」新作
    バレンタインにルイ・ヴィトン「モノグラム・マカサー ライン」新作
  • 「星のや 京都」、屋形船からの風雅な嵐山桜見物
    「星のや 京都」、屋形船からの風雅な嵐山桜見物
  • 自分らしさを探して。ボビイ ブラウンPR、森田由美さんの人生の旅。
    自分らしさを探して。ボビイ ブラウンPR、森田由美さんの人生の旅。
  • 新年に贈る招福デザイン、シャンハイ・タンのギフトコレクション
    新年に贈る招福デザイン、シャンハイ・タンのギフトコレクション

Prev & Next

Ranking

  • 1
    伝説を切り撮る。写真展「内田裕也」 若木信吾インタビュー
  • 2
    里山十帖(新潟・大沢山温泉)/日本を巡る、アートな旅(3)
  • 3
    NYの老舗オイスターバー、年に一度のブッフェイベントを開催
  • 4
    今週末見るべき映画「歓喜の歌」
  • 5
    大人のためのグラフィカルなモビール「FRAMES」
  • 6
    「豊島美術館」環境、アート、建築の融合:瀬戸内国際芸術祭
  • 7
    iTunes Uに日本の大学が参加、東大、早・慶、明治
  • 8
    美しい4ドアクーペ誕生、メルセデス・ベンツ「CLAクラス」
  • 9
    立ち去った女 【今週末見るべき映画】
  • 10
    TOTO出版20周年記念、杉本貴志、安藤忠雄らの特別書籍発売

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加