Minimal|“Bean to Bar Chocolate”の魅力を発信する新ブランド

2015年 3月 19日 08:05 Category : News

このエントリーをはてなブックマークに追加

バレンタインデーもホワイトデーも終わり、チョコレートのハイシーズンもひと区切りと思っていると、間もなくイースターがやってくる。チョコレートをめぐる半普遍的サイクルが繰り返されるなか、そうした流れとは一線を画すように異彩を放つ新たなチョコレートブランドが注目されている。

昨年12月、渋谷区富ヶ谷にチョコレート工房を兼ねるショップをオープンした「Minimal(ミニマル)」は、チョコレートの主原料であるカカオ豆の世界に魅了されたオーナー・山下貴嗣さんが、「Bean to Bar(カカオ豆から板チョコレートまで)」の製造を一環して手がけるチョコレートブランドとして立ち上げたもの。自身がアメリカ・ヨーロッパで出会ったチョコレートの新潮流=〈Bean to Bar Chocolate〉の世界に魅せられたことを機に、日本でもこの新たな提案をひとつの食文化として発信していきたいと実現したブランドだ。

白のモルタルと木、特注したショーケース、すべては主役であるカカオ豆とチョコレートを際立たせるため「Minimal(最小限)」をコンセプトにしつらえた店内

「Minimal」のマニアックなカカオ豆へのアプローチは、サードウェーブコーヒーのそれを彷彿とさせる。サードウェーブコーヒーが豆のオリジンから選別・熟成・焙煎・抽出、とその工程への徹底したこだわりで個性を提案するのと同様に、カカオ豆のオリジンの追求から選別・熟成・焙煎・摩砕・調合・成形、とチョコレートづくりにおけるすべての工程を一貫して手がけることで、豆本来の際立った味わいや香りを表現することが「Minimal」の主たる目的だ。

男性的でシンプルな内装も、一見するとサードウェーブ系のコーヒースタンドを彷彿とさせる

Related article

  • 「ベルギービールウィークエンド東京2013」で盛り上がる11日間
    「ベルギービールウィークエンド東京2013」で盛り上がる11日間
  • トム・クルーズも愛する、世界一の朝食「bills」
    トム・クルーズも愛する、世界一の朝食「bills」
  • フライターグのレファレンスラインにニューモデル、新色も
    フライターグのレファレンスラインにニューモデル、新色も
  • ヨックモック青山本店が大リニューアル
    ヨックモック青山本店が大リニューアル
  • ジャン=ポール・エヴァン、今冬コレクションを発表
    ジャン=ポール・エヴァン、今冬コレクションを発表
  • 新しい家具ブランド「COMMOC」が始動
    新しい家具ブランド「COMMOC」が始動

Prev & Next

Ranking

  • 1
    気分はヨーロッパのキッチン? 日立の新しい大型冷蔵庫
  • 2
    今年を締めくくる「IFFTインテリアライフスタイル/リビング」
  • 3
    【動画】仕事帰りもおしゃれな自分を演出。お手軽ヘアアレンジ。
  • 4
    Interview: 音楽プロデューサー・本間昭光氏|泰然自若のジーニアスが放つ才気煥発の極み
  • 5
    ソニア・パークの「ARTS&SCIENCE」、初のメンズが青山に
  • 6
    「キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ」が5周年
  • 7
    フォトギャラリー:日産コンセプトカー「インフィニティ エッセンス」
  • 8
    ハンターバレーのワイナリー&レストラン/オーストラリアを旅する(9)
  • 9
    メルボルンの街並み/オーストラリアを旅する(2)
  • 10
    羽田発の東京みやげ店「Tokyo’s Tokyo」オープン

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加