選び抜かれたイチゴが、麗しいスパークリングに|おいしいMade in Japan#03

2015年 4月 8日 08:00 Category : News

このエントリーをはてなブックマークに追加

東京にいると美食の情報があふれ、世界中の食材が簡単に手に入る時代。選択肢が多い分、何を選ぶか迷ってしまいがちだ。でも、今年はまず日本国内のおいしいものに目を向けてみたい。こちらもそれこそ星の数ほどあるけれど、もの作りの裏側にストーリーが宿る、おすすめのMade in Japanのおいしいものをお届けする。

ピンクの泡と聞くと、ついついシャンパーニュの高級品というイメージがあるけれど、今回紹介する「ミガキイチゴ・ムスー」は、なんと100%イチゴを原料としたスパークリングワイン。飲み口もほんのりとした甘さ、イチゴのフレッシュな風味も、鼻に抜ける頃には確実なものになり、そのくせすっきりとした喉越しは、虜になりそうなおいしさにあふれている。洗練されたボトルやエチケットのデザインから、いったいどこの国の製品?なんて思ってしまうけれど、れっきとしたMade in Japanである。

ミガキイチゴ・ムスー720ml 3,240円、化粧箱入り 3,510円

このミガキイチゴ・ムスーが生産されているのが、宮城県山元町。もともとイチゴの産地として街の産業の核になっていたが、4年前の東日本大震災で、こちらの町も大きな被害を受けた。その後、復興のためにはなにができるか?ということから、やはりもともと主要産業であるイチゴをブランディングして、再生しようということに。

まず「ミガキイチゴ」というイチゴのブランドを立ち上げることからスタートした。プロジェクトを発足させたのがGRAというボランティア活動をしていたNPO法人。ここから派生して、現在農業生産法人として先端施設園芸に取り組み、町を活性化させている。

GRAイチゴ農場

収穫前のイチゴ

厳しい管理がされている

Related article

  • モーニントン半島で乗馬ワイナリー巡り/オーストラリアを旅する(3)
    モーニントン半島で乗馬ワイナリー巡り/オーストラリアを旅する(3)
  • イタリアのアペリティーヴォ文化を発信「アペリティーヴォ恵比寿」
    イタリアのアペリティーヴォ文化を発信「アペリティーヴォ恵比寿」
  • 様々なユニットを組合せるオリジナル自転車・EVO
    様々なユニットを組合せるオリジナル自転車・EVO
  • ファッショニスタを魅了する、ファリエロ サルティの路面店がオープン
    ファッショニスタを魅了する、ファリエロ サルティの路面店がオープン
  • 三軒茶屋の住宅街で出会った魅力的なコーヒー店、「OBSCURE」
    三軒茶屋の住宅街で出会った魅力的なコーヒー店、「OBSCURE」
  • 人の手にしか生み出せない喜びがある|Future Makers#03
    人の手にしか生み出せない喜びがある|Future Makers#03

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ルイス・ポールセンからLEDのデザイン照明
  • 2
    アキッレ・カスティリオーニ 自由の探求としてのデザイン
  • 3
    東京・有楽町に阪急MEN'S TOKYOがオープン
  • 4
    快晴のFujiを快走。VWフェスト 2014
  • 5
    節電時代の救世主? 美しい扇風機「GreenFan2」
  • 6
    今週末見るべき映画「ストックホルムでワルツを」
  • 7
    新しい体験型パフォーマンス作品「MIRAGE(ミラージュ)」とは!?
  • 8
    25日まで10%OFF! 北海道の沼田椅子製作所のオーダーソファ店「blocco」が都内にオープン!
  • 9
    山のような建築 雲のような建築 森のような建築
  • 10
    2018年10月に「おおいた大茶会」が開催  grafやライゾマティクス アーキテクチャー、チームラボも参加

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加