Interview:全米No.1ベーカリー『TARTINE BAKERY& CAFE』、チャド・ロバートソン氏が語る“パン愛”

2015年 4月 8日 08:05 Category : News

このエントリーをはてなブックマークに追加

料理界のオスカー賞「ジェームス・ピアード財団賞」で最優秀ペイストリーシェフ賞を受賞し、アメリカのベストベーカリーに選出された『TARTINE BAKERY』。あまたのクリエイティブなコミュニティが形成され、“サンフランシスコで今、最も熱い”と世界中から絶大な注目を浴びているミッション地区のベーカリー&カフェだ。

レシピは存在せず、季節の素材を中心に、天然酵母による発酵に飽くなきこだわりをみせる同店の愛に溢れたパンは、世界各地の人々を魅了し続けている。人気店と聞けば、たとえ数時間であっても、行列に並ぶことが苦にならない日本人も、きっと仰天するだろう長蛇の列が、米国本店ではお馴染みの風景だ。

そして、この2015年春。満を持して、『TARTINE BAKERY』の世界初・海外第1号店が日本に上陸した。カントリーブレッドを中心に、サンフランシスコの本店同様、持ち帰りも、イートインもできるカフェ&ベーカリーは、渋谷~代官山間に開業する商業施設『LOG ROAD DAIKANYAMA』(ログロード代官山)内にオープン。

「“TARTINE(タルティーン)”とは、“piece of bread(ひとかけらのパン)という意味です。シンプルで人々に馴染みやすい名前なので、こう名づけました。日本の方にとっても覚えやすいのではないかと思います」と語るのは、オーナーベーカーのチャド・ロバートソン氏。パン作りの哲学を中心にお話を伺った。


#01.日本文化の全てがインスピレーション源。日本人の哲学を尊敬しています

- カリスマ的人気を誇る『TARTINE BAKERY』。海外での出店について、これまでにも各国からお誘いが多数あったと思うのですが、世界初の海外店オープンの場に、日本・代官山を選ばれた理由は何だったのですか?

日本の文化に興味があったんですね、ずっと。いつか日本でお店ができたらいいなと思っていました。初めて弟子入りしたスタッフも日本人でしたし、今のヘッドベーカーも日系人ですし、これまでに日本のベーカリーともコラボレーションしてきました。おそらく私は“日本”と良いご縁に恵まれているのだと思います。

正人(関口正人氏・株式会社THINK GREEN PRODUCE 代表取締役)とは、3年半くらい前に初めてサンフランシスコでお会いした際、「カリフォルニアの雰囲気が日本に合うのではないか。日本で開店してみてはどうか」というお話をいただきました。その後、関口さんは私を日本に招いてくれました。10日間ほどの滞在中、共通の趣味であるサーフィンを二人で楽しみました。サンフランシスコに帰国する頃には、「日本でお店をオープンしたい」という気持ちが私の中で固まっていました。

Related article

  • NYで話題のイタリアンシェフによる、7日間だけの至極の美宴
    NYで話題のイタリアンシェフによる、7日間だけの至極の美宴
  • カスタマイズする醍醐味。BMW Motorrad「R nineT」
    カスタマイズする醍醐味。BMW Motorrad「R nineT」
  • ピート・ヘイン・イーク インタビュー 後編
    ピート・ヘイン・イーク インタビュー 後編
  • 日本発、尾形シェフの試み/アンリ・ルルー、世界で唯一のキャラメリエ(3)
    日本発、尾形シェフの試み/アンリ・ルルー、世界で唯一のキャラメリエ(3)
  • AVOTON―アボガドオイルで育つ極上豚
    AVOTON―アボガドオイルで育つ極上豚
  • 旧軽井沢にオーガニックフレンチ「アマンダンリーフ」
    旧軽井沢にオーガニックフレンチ「アマンダンリーフ」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    厳選15ギャラリーによるアートフェア「G-tokyo 2010」開催
  • 2
    ディーター・ラムス インタビュー、機能主義デザイン再考
  • 3
    今週末見るべき映画「ドラゴン・タトゥーの女」
  • 4
    香港にビジネス向け新ホテル、 east(イースト)
  • 5
    ドイツからデザイン バス・シャワーシステム
  • 6
    【レポート】第三回ヘンタイ美術館、「理想と現実、どちらがヘンタイか」
  • 7
    ヴィトラからジョージ・ネルソン幻の時計が発売に
  • 8
    カンヌ・レポート3:河瀬直美監督凱旋、シネフォンダシオンの平柳敦子監督受賞
  • 9
    E&Yから二俣公一の新作「ハンモック」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加