「MITSUBISHI CHEMICAL JUNIOR DESIGNER AWARD 2015」、今年も応募受付中

2015年 4月 13日 08:05 Category : News

このエントリーをはてなブックマークに追加

この春、デザイン系の学校を卒業し、デザイナーとして社会人1年生のスタートを切った人も多いはず。そんなデザイナー1年生の方々を中心に、今年も「MITSUBISHI CHEMICAL JUNIOR DESIGNER AWARD 2015」が、卒業制作の応募を呼びかけている。

応募の対象となるのは、「高校卒業後、日本で2年制以上のデザイン関連学校で修学し、今年の3月に卒業した学生の卒業制作および修士修了制作」で、対象分野はプロダクト、グラフィック、ファッション、マルチメディア、デザイン研究などのデザイン全般。高等専門学校卒業生も応募可能ということで、毎年、全国から多数の応募がある。

同アワードは、書類による一次審査、プレゼンテーションパネルおよび実物(または模型)による最終審査を経て、大賞(1点/100万円)、佳作(2点/各30万円)、MITSUBISHI CHEMICAL賞(1点/30万円)、各審査員による審査員特別賞(10点)を決定し、授賞式および受賞作品展が都内にて行われる。

昨年度の大賞を受賞したのは、蕭 聖學さん(京都精華大学大学院修了)による『台湾と日本における暮らしの中にみられる紙造形と生活文化‐「紙」加工のデザインに関する研究』だ。台湾生まれの蕭さんならではの視点で身近な紙という素材に注目し、両国の紙の成り立ちや使われ方などの共通点と相違点をわかりやすく展開しながら、折り紙とピクトグラムを組み合わせた絵本と、紙を使用した遊びの道具を提案している。

蕭 聖學さん『台湾と日本における暮らしの中にみられる紙造形と生活文化‐「紙」加工のデザインに関する研究』

佳作には、イ ウンジョンさん(多摩美術大学卒業)による『DECO・BOCO mixed COLORS』と杉本一樹さん(武蔵野美術大学卒業)による『PSYCHOLOGICAL QUEST 完全攻略本』が選ばれた。

オーガンジーのリボンを組むことで、独特の立体感と軽やかさを生み出した衣服『DECO・BOCO mixed COLORS』は、見る角度によって色が美しく変化し、かつ軽やかな印象を受ける。受賞作品展会場でも、とりわけ目を引く華やかな作品だった。

イ ウンジョンさん『DECO・BOCO mixed COLORS』

Related article

  • 閉幕まであとわずか、必見のディーター・ラムス展
    閉幕まであとわずか、必見のディーター・ラムス展
  • インタビュー:ナチョ・カーボネル「ポスト・フォッシル」展
    インタビュー:ナチョ・カーボネル「ポスト・フォッシル」展
  • 吉岡徳仁ディレクション「セカンド・ネイチャー」展
    吉岡徳仁ディレクション「セカンド・ネイチャー」展
  • スープから最新プロジェクトまで「遠山正道の仕事」展
    スープから最新プロジェクトまで「遠山正道の仕事」展
  • フリッツ・ハンセン初、日本人デザイナーの椅子「RIN」
    フリッツ・ハンセン初、日本人デザイナーの椅子「RIN」
  • ケーブルをスッキリまとめるオーガナイザー、「soba」
    ケーブルをスッキリまとめるオーガナイザー、「soba」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    男のキッチンはビルトイン家電で決まる|Guys in the Kitchen#03
  • 2
    33×25ミリの小さなデザインの競演、切手デザイン展
  • 3
    ペンハリガン|なおも進歩する王室御用達の香り
  • 4
    世界初公開のカチナ!「倉俣史朗とエットレ・ソットサス」
  • 5
    Interview:非凡なる若き建築家・佐野文彦氏が語る「文化のアップデート」
  • 6
    紙にまつわるプロダクトと活版印刷、パピエ・ラボ
  • 7
    ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男 【今週末見るべき映画】
  • 8
    エリザベス アーデンから、黄金のカプセルに入った美容液・誕生
  • 9
    30種類以上のフランチャコルタが楽しめる、アルマーニのワインラウンジ
  • 10
    ヴィンテージ加工ができるグローブ・トロッター新作

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加