美食大国マレーシア|二大グルメタウンの自慢料理

2015年 4月 15日 08:00 Category : News

このエントリーをはてなブックマークに追加

アセアン諸国の中でも特に成長著しいマレーシア。マレー、中華、インド、アラブなどの多民族国家ゆえとにかく多様性に富んだ文化が魅力だ。中でも食のバラエティは世界に類を見ないほど。誰でも必ずお気に入りの一品が見つかる、グルメ大国である。そんなマレーシアにおいてグルメタウンと呼ばれるのはイポーとペナン。一度食べたらきっとまた食べたくなる、ご当地自慢料理をご紹介。

東南アジアの人は総じて食にうるさい。人気の店とそうでない店の差は一目瞭然。たとえフードコートでも味のよくない店はすぐに淘汰されてしまう。マレーシアもそんな国のひとつ。なにしろあいさつが「Sudah Makan?(もうごはん食べた?)」というくらい、食事は生活において重要な位置を占めているのである。

クアラルンプールは近代的な国際都市。どこへ行っても驚くべき多様性があるのがマレーシア

首都クアラルンプールから高速鉄道で約2時間。温泉があり古くから保養地としても人気があるイポーだが、マレーシアの人と話すと「あそこは食べ物がおいしいんだよねぇ」と誰もが目を細めるグルメシティだ。ここでのマストトライはなんといってももやし。イポーのミネラルの多い良質の水で育つと、うまみがぎっしりのもやしができるもよう。もやし料理の代表は「もやしチキン」で、茹で鶏と一緒にいただく。

「もやしだなんて……」と思うなかれ。もやしとチキンは別々の皿に盛られて出てくるが、たれのおかげなのか、それともチキンのゆで汁でもやしを茹で上げたりしているのか、とにかくもやしが最高においしい。日本のもやしよりも早いうちに収穫するそうで、太くて短いもやしは歯ごたえもよく、いくらでも食べられそう。しかももやしはカロリーが低いのでいくら食べてもそんなに罪悪感がないのもうれしいところだ。

『老黄芽菜鶏沙河粉』のもやしチキンはイポーで一番おいしいと評判。朝から晩までかなり混み合う

これがイポーのもやし。日本のもやしと比べると確かに太くて短い

Related article

  • シェフ・パティシエ 成田一世の挑戦|発酵するチョコレート
    シェフ・パティシエ 成田一世の挑戦|発酵するチョコレート
  • 冒険旅行はゴージャスに! 世界遺産ハロン湾を堪能
    冒険旅行はゴージャスに! 世界遺産ハロン湾を堪能
  • 「星のや 京都」、屋形船からの風雅な嵐山桜見物
    「星のや 京都」、屋形船からの風雅な嵐山桜見物
  • 夢の饗宴 歴史を彩るメニュー×現代のアーティストたち 展
    夢の饗宴 歴史を彩るメニュー×現代のアーティストたち 展
  • パリの人気店が銀座に!「レストラン ドミニク・ブシェ」ついにオープン
    パリの人気店が銀座に!「レストラン ドミニク・ブシェ」ついにオープン
  • 「エキ バー&グリル」新メニュー、国産厳選食材
    「エキ バー&グリル」新メニュー、国産厳選食材

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ドイツデザインの巨匠、ディーター・ラムス展
  • 2
    リサ・ラーソンのプロダクトを作り続ける工房を訪問。フランコ氏インタビュー
  • 3
    伊・マセラティ×英・B&W、オーディオ登場
  • 4
    ミラノ、モルティーニ新作 ダークホースはロン・ジラード
  • 5
    IFFTインテリアライフスタイルリビング、11月2日から
  • 6
    銘酒「Ohmine」 を誕生させた秋山剛志氏に聞く―Bamboo Stylus duoで生まれる「伝え方」
  • 7
    東京・赤坂に新感覚のドーナツショップ「Neyn」
  • 8
    アストンマーティンから2ドア新型スポーツGT「ヴィラージュ」
  • 9
    堂島リバービエンナーレ2011 レポート
  • 10
    エクレアの祭典「FAUCHONエクレアウィーク」、日本初上陸

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加