“食文化の発信基地に暮らす”「NODE UEHARA」の提案

2015年 5月 15日 08:05 Category : News

このエントリーをはてなブックマークに追加

セレクトショップやアパレルブランド、書店などがカフェやレストランといった飲食空間を併設(またはプロデュース)することが珍しくなくなったいま、「食」は個々のライフスタイルにおいて、核とも言える重要なポジションにおかれる機会が多くなってきている。そんな時代感をとらえるように「食とつながりのある暮らし」をコンセプトに掲げ、階下に幾つもの異なる飲食業態を擁したSOHOも可能な賃貸住宅「NODE UEHARA(ノード・ウエハラ)」が代々木上原駅前に誕生した。

2015年4月27日、代々木上原駅北口から徒歩1分のロケーションに誕生した「NODE UEHARA」は、一見するとイマドキのおしゃれなフルオープンキッチンのカフェ空間のようだ。1階はガラス張りのファサードが明るく開放的な「Cafe, Bar & Deli」と店内に間仕切りなく併設される食材店「Grocery & Gifts」を展開。カフェもグローサリーも間口が広くカジュアルなスペースがゆえに、何気なくふらりと店内へと踏み込む人も少なくない。

カフェの階下(地階)には目の前でシェフが腕をふるうダイナミックなグリル料理が楽しめるレストランスペース「Grill & Dining」もある。1階のカフェ・バー&デリとともにメニューを監修するのは、京都で話題の店となった「Kiln」のプロデュースなどを手がける料理家の船越雅代さん。〈Train To Table〉をコンセプトに、生産者や作り手とのつながりを活かしたフードマイレージ(鮮度)や顔の見えるローカルフードを豊かなバリエーションで提案する。

Related article

  • プラチナの永遠の輝きをまとった、時価1500万円のケーキ
    プラチナの永遠の輝きをまとった、時価1500万円のケーキ
  • DESIGNTIDE TOKYO 2009、メイン会場レポート(2)
    DESIGNTIDE TOKYO 2009、メイン会場レポート(2)
  • 羽田発の東京みやげ店「Tokyo’s Tokyo」オープン
    羽田発の東京みやげ店「Tokyo’s Tokyo」オープン
  • フランス・ボルドー最新レポート(4)「甘口ワインがおもしろい」
    フランス・ボルドー最新レポート(4)「甘口ワインがおもしろい」
  • ポルシェデザイン、男のための2500万円キッチン
    ポルシェデザイン、男のための2500万円キッチン
  • ヘアケアブランド「LUNG TA」のオリジナルヘッドスパ
    ヘアケアブランド「LUNG TA」のオリジナルヘッドスパ

Prev & Next

Ranking

  • 1
    日本橋三越本店でこの秋を彩る
  • 2
    時計の祭典「第20回 三越ワールドウオッチフェア~時の継承~」が開催
  • 3
    Rの凄み+ゴルフの誠実=VWゴルフR|試乗レポート
  • 4
    世界初公開のカチナ!「倉俣史朗とエットレ・ソットサス」
  • 5
    少女ファニーと運命の旅 【今週末見るべき映画】
  • 6
    現代中国を代表する「アイ・ウェイウェイ展—何に因って?」
  • 7
    写真家 濱田英明がうつしだすニーシングの世界
  • 8
    あたらしいサイネージを。「インタラクティブ・クリエーション・キャンプ」成果発表展
  • 9
    チボリオーディオと、音のある心地よい毎日を
  • 10
    長山智美のムームー日記SP「おお!イケアのイっケんヤ!」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加