good juice|家族と働く人を応援する、コールドプレスジュース

2015年 5月 21日 08:00 Category : News

このエントリーをはてなブックマークに追加

さて、グッドジュースのコールドプレスジュース。誕生には家族の物語が秘められている。グッドジュースを運営する福王寺輝明氏は、仕事が忙しい妻と義母に、毎朝効率的に栄養をとってもらうために、コールドプレスジュースを毎朝作るようになった。飲みやすいコールドプレスジュースは、家族に大人気。体調にあわせて、よりおいしく、飲みやすくと研究もたくさんしていたそう。それが、グッドジュースのはじまり。

グッドジュースの準備期間中、妻の妊娠出産が重なっていたそうだが、手づくりのコールドプレスジュースを毎日飲んで、産前産後の体調も万全だったとか。「家族の健康を思いやる」という愛情がこのグッドジュースのコンセプトの根底には流れている。

おすすめのred。結構な飲みごたえがある。小腹が空いた時にも効果的

「アメリカの東海岸、西海岸にも赴き、いろいろリサーチをしましたが、私が一番こだわったのは、“味”。どんなに健康に良くても、おいしくなければ毎日続けようという気持ちになりません。試作を重ね、ベストなおいしさの配合を見つけ出すまで、とても苦労しました。おいしさには自信があります。まずは、飲んで確かめてみてください」と福王寺氏。おいしいコールドプレスジュースをより多くの人に飲んでもらい、その良さを多くの知ってもらいたいという。

スタートアップの現在は、アンチエイジング・美肌効果・血液サラサラの「red」、マルチミネラル・整腸作用・毛穴引き締めの「green」、ストレス軽減・免疫力向上・肌再生・消化機能向上の「orange」、そして「purple」はこの3種のいいとこ取りをした栄養サポートドリンクとして別名「good juice special〜家族想い〜」というネーミングを施した4種をラインナップしている。

「健康志向が強い女性は、コールドプレスジュースの認知度も高い。だから私は忙しい人、特に働き盛りの男性にこそ、コールドプレスジュースを試してほしいのです。朝や午後にパワーチャージしたいときに飲み続けることで、体や意識の変化を感じ取れるはず。おすすめのジュースは、マルチな“purpleの家族想い”です」と語る輝明氏。素材も可能な限りオーガニックを用い、他も減農薬など体に負担のかからないこだわりも十分にある。

ジュースはMサイズ(300cc)とSサイズ(200cc)があり、900円〜1,400円。コールドプレスジュースは、繊維を含まないため通常のジュースを作るのに比べ、果物も野菜も多く使用する。グッドジュースでは、1杯で約500gを使用しているという贅沢なジュースだ

Related article

  • イギリス発、ニールズヤードレメディーズのトリートメントマスク
    イギリス発、ニールズヤードレメディーズのトリートメントマスク
  • ますます選択肢が広がる、イームズシェルチェア
    ますます選択肢が広がる、イームズシェルチェア
  • ベルギービールウィークエンド、横浜・山下公園で開催
    ベルギービールウィークエンド、横浜・山下公園で開催
  • 熟成肉と加工肉のデリカテッセンが「ラ・ブーシェリー・デュ・ブッパ」から誕生
    熟成肉と加工肉のデリカテッセンが「ラ・ブーシェリー・デュ・ブッパ」から誕生
  • 乗って、食べて、街を楽しんで。新型ポロでいく 青山ドライブ
    乗って、食べて、街を楽しんで。新型ポロでいく 青山ドライブ
  • 世界一の朝食、あの「bills」2号店がオープン
    世界一の朝食、あの「bills」2号店がオープン

Prev & Next

Ranking

  • 1
    インドの現代アートを堪能する。 「Urban Narratives ―ある都市の物語―」
  • 2
    ザハによる世界初の試み、ニール・バレット青山店
  • 3
    ショコラとSANSYO(山椒)のセンセーション
  • 4
    「D-BROS」が2013年カレンダーを販売開始
  • 5
    光の滴が落ちるかのよう、カナダから幻想的な照明「ボッチ」
  • 6
    この1冊で堪能する、「大人」のリアルなキッチンインテリア
  • 7
    ジャズ名盤講座第12回「コロムビア/CBS/エピック編パート1(1917-1959)」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 8
    「新型MINI コンバーチブル」試乗レポート
  • 9
    新型「プリウス」、38.0km/Lで価格は205万円から
  • 10
    長く使い続けるソファ|イタリア、フレックスフォルム

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加