ドライフルーツの真のおいしさを噛みしめて|おいしいMade in Japan#04

2015年 5月 18日 08:05 Category : News

このエントリーをはてなブックマークに追加

東京にいると美食の情報があふれ、世界中の食材が簡単に手に入る時代。選択肢が多い分、何を選ぶか迷ってしまいがちだ。でも、今年はまず日本国内のおいしいものに目を向けてみたい。こちらもそれこそ星の数ほどあるけれど、もの作りの裏側にストーリーが宿る、おすすめのMade in Japanのおいしいものをお届けする。


なかなか主役になりきれない食品といえば、ドライフルーツもそのひとつ。けれど、健康志向でコンビニにもドライフルーツのパッケージが並ぶようになり、購入したことがある人も多いのではないだろうか。それも十分おいしいのだが、奈良にある堀内果実園が作っているドライフルーツを食べたら、その味わいの濃さ、口の中に広がる豊かな味わいに驚くはずである。

吉野の山間に広がる広大な果実園

堀内果実園の歴史は長く、明治36年に奈良・吉野で開墾を始め、現代の当主で6代目になる。1世紀を超える果実栽培で得たノウハウと、吉野の地ならではの檜や杉といった資材でつくるふかふかの土壌など、ひとつひとつ赤ちゃんを育てるように大切に育んだ果物は、それだけでも十分においしい。それを、さらにもうひと手間かけて、誕生したのがドライフルーツなのである。ドライフルーツ作りの歴史はまだ浅く、作り始めてまだ1年ほどだとか。パッケージデザインやロゴなども、どこかほっこり懐かしい感じで、ドライフルーツが持つ素朴さと、とてもよくマッチしている。

ブルーベリー


カリン

Related article

  • アラン・デュカスと京都三大名店による“食の饗宴”
    アラン・デュカスと京都三大名店による“食の饗宴”
  • 広尾にあるとっておきのイタリアン、レストラン「ANGOLO」
    広尾にあるとっておきのイタリアン、レストラン「ANGOLO」
  • 銀座「ロオジエ」、リニューアル1周年の記念コース
    銀座「ロオジエ」、リニューアル1周年の記念コース
  • フランス・ボルドー最新レポート(5)「新旧グルメの魅力」
    フランス・ボルドー最新レポート(5)「新旧グルメの魅力」
  • ミシュランガイド東京 2008が刊行、カンテサンスが3つ星
    ミシュランガイド東京 2008が刊行、カンテサンスが3つ星
  • メルボルンのレストラン/オーストラリアを旅する(1)
    メルボルンのレストラン/オーストラリアを旅する(1)

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ファーストレディにふさわしい、ピアジェ「ミニ・プロトコール」
  • 2
    深澤直人×アレッシィ「柴犬」のような鍋
  • 3
    瑞々しい若手100人超のアーティストが描く「羊がいっぱい!」展
  • 4
    ジャン・レノ主演、IWC「ポルトギーゼ」映画上映パーティ
  • 5
    建築のような、自然のような。谷尻誠の個展「Except」
  • 6
    今週末見るべき映画「アーティスト」
  • 7
    今週末見るべき映画「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」
  • 8
    シトロエン DS4で新しく驚きに満ちたデートを
  • 9
    ティファニー、憧れと誘惑をまとう/3)ティファニー アトラス
  • 10
    予感させるSUVたち|シカゴオートショー2015

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加