リトルロック−アメリカ南部、一地方都市を訪れる意味

2015年 5月 25日 08:00 Category : News

このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカ南部、ミシシッピ川流域を旅して、アーカンソー州の州都、リトルロックを訪れた。アーカンソー州と言っても、すぐにアメリカのどこかピンと来ない人が大半かもしれない。東部にミシシッピ川が流れ、北はミズーリ州、南はルイジアナ州に接したアメリカ南部の一つの州だが、元大統領ビル・クリントンの地元と言うとよいだろうか。そして、元帥ダグラス・マッカーサーの出身地でもある。

アーカンソー州知事公邸。若きビル・クリントンもここに住んだ

歴史的人物を輩出してはいるが、ここはアメリカの一地方都市。しかし、このリトルロックの町には注目すべき、訪れたい場所がある。その名は「リトルロック・セントラル・ハイスクール」。今も学生達が通う一公立高校なのだが、ここでかつて全米の衆目が集まる人種差別騒動が起こり、アメリカの公民権運動の大きな舞台になったのだ。

公立学校における黒人と白人の分離教育が、アメリカ合衆国憲法に違憲するとの判決が下されたのが1954年(ブラウン判決)。そして、ここアーカンソー州のリトルロックでも1957年に融合教育化のために、9人の黒人生徒が転入することになった。


ところが登校の日、白人有権者層をバックに就任した当時のアーカンソー州知事が、あろうことか州兵を派兵してこの登校を阻止してしまい、この融合教育に反対する白人層も生徒を取り囲む、人種差別の大騒動となる。これは、全米のみならず国際社会からも注目を浴び、当時のアメリカ合衆国大統領アイゼンハワーが、米陸軍第101空挺師団を派遣する事態となる。黒人生徒達は、この軍の護衛付きで登校をしたのだった。

Related article

  • ブルーノート東京が提案、大人仕様のスタンドカフェ「TUNE」誕生
    ブルーノート東京が提案、大人仕様のスタンドカフェ「TUNE」誕生
  • ペンハリガン|なおも進歩する王室御用達の香り
    ペンハリガン|なおも進歩する王室御用達の香り
  • 近未来的なフォルムのシューサニタイザーで、できる男に
    近未来的なフォルムのシューサニタイザーで、できる男に
  • ストリートに生きる、バリー・マッギー展
    ストリートに生きる、バリー・マッギー展
  • ハンターバレーのワイナリー&レストラン/オーストラリアを旅する(9)
    ハンターバレーのワイナリー&レストラン/オーストラリアを旅する(9)
  • 未来の可能性にスポットライトを|Future Makers#02
    未来の可能性にスポットライトを|Future Makers#02

Prev & Next

Ranking

  • 1
    チャールズ&レイ・イームズ夫妻の哲学をひもとく「essential EAMES(エッセンシャル・イームズ)」展開催
  • 2
    高木正勝氏インタビュー『おおかみこどもの雨と雪』への想い
  • 3
    フライターグの次世代型リュック「F48 HAZZARD」
  • 4
    伊勢丹リビング「ファンタジードリーム」レポート
  • 5
    新しい1年の始まり。春の訪れとともに、2014年の自分予想を
  • 6
    10月27日銀座le septにて小川隆夫『ビバップ読本 証言で綴るジャズ史』発売記念イベント開催
  • 7
    iida AWARD 2010が発表に、新機種は岩崎一郎氏デザイン
  • 8
    今週末見るべき映画「最終目的地」
  • 9
    「nuri WASARA」が提案する漆の新たな可能性
  • 10
    スペインとイヌイット文化の融合から生まれた天然石ジュエリー

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加