リトルロック−アメリカ南部、一地方都市を訪れる意味

2015年 5月 25日 08:00 Category : News

このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカ南部、ミシシッピ川流域を旅して、アーカンソー州の州都、リトルロックを訪れた。アーカンソー州と言っても、すぐにアメリカのどこかピンと来ない人が大半かもしれない。東部にミシシッピ川が流れ、北はミズーリ州、南はルイジアナ州に接したアメリカ南部の一つの州だが、元大統領ビル・クリントンの地元と言うとよいだろうか。そして、元帥ダグラス・マッカーサーの出身地でもある。

アーカンソー州知事公邸。若きビル・クリントンもここに住んだ

歴史的人物を輩出してはいるが、ここはアメリカの一地方都市。しかし、このリトルロックの町には注目すべき、訪れたい場所がある。その名は「リトルロック・セントラル・ハイスクール」。今も学生達が通う一公立高校なのだが、ここでかつて全米の衆目が集まる人種差別騒動が起こり、アメリカの公民権運動の大きな舞台になったのだ。

公立学校における黒人と白人の分離教育が、アメリカ合衆国憲法に違憲するとの判決が下されたのが1954年(ブラウン判決)。そして、ここアーカンソー州のリトルロックでも1957年に融合教育化のために、9人の黒人生徒が転入することになった。


ところが登校の日、白人有権者層をバックに就任した当時のアーカンソー州知事が、あろうことか州兵を派兵してこの登校を阻止してしまい、この融合教育に反対する白人層も生徒を取り囲む、人種差別の大騒動となる。これは、全米のみならず国際社会からも注目を浴び、当時のアメリカ合衆国大統領アイゼンハワーが、米陸軍第101空挺師団を派遣する事態となる。黒人生徒達は、この軍の護衛付きで登校をしたのだった。

Related article

  • これは見逃せない。 森美術館10周年記念展「アンディ・ウォーホル展:永遠の15分」
    これは見逃せない。 森美術館10周年記念展「アンディ・ウォーホル展:永遠の15分」
  • エスプレッソメーカーの新形体「Moka Pot」
    エスプレッソメーカーの新形体「Moka Pot」
  • 寄港記念、ザ・リッツ・カールトン大阪で楽しむ、クイーン・メリー2のアフタヌーンティー
    寄港記念、ザ・リッツ・カールトン大阪で楽しむ、クイーン・メリー2のアフタヌーンティー
  • ファインダイニングとシガーの魅力を知る特別講座、ヒルトン東京で開催
    ファインダイニングとシガーの魅力を知る特別講座、ヒルトン東京で開催
  • DIESEL LIVING、初のテーブルウェアが登場
    DIESEL LIVING、初のテーブルウェアが登場
  • インテリア・キッチンなら男も主役|Guys in the Kitchen#02
    インテリア・キッチンなら男も主役|Guys in the Kitchen#02

Prev & Next

Ranking

  • 1
    長く使い続けるソファ|イタリア、フレックスフォルム
  • 2
    六本木ヒルズ・けやき坂通りに、イタリアン餃子の店
  • 3
    今週末見るべき映画「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」
  • 4
    この夏行くべきアートスポットは「犬島」
  • 5
    「ほぼ日」の3日間限定。7の食堂、20のショップが集うイベント in 六本木ヒルズ
  • 6
    新しい建築、そして東京の都市を考える。ザハ・ハディド展

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加