リトルロック−アメリカ南部、一地方都市を訪れる意味

2015年 5月 25日 08:00 Category : News

このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカ南部、ミシシッピ川流域を旅して、アーカンソー州の州都、リトルロックを訪れた。アーカンソー州と言っても、すぐにアメリカのどこかピンと来ない人が大半かもしれない。東部にミシシッピ川が流れ、北はミズーリ州、南はルイジアナ州に接したアメリカ南部の一つの州だが、元大統領ビル・クリントンの地元と言うとよいだろうか。そして、元帥ダグラス・マッカーサーの出身地でもある。

アーカンソー州知事公邸。若きビル・クリントンもここに住んだ

歴史的人物を輩出してはいるが、ここはアメリカの一地方都市。しかし、このリトルロックの町には注目すべき、訪れたい場所がある。その名は「リトルロック・セントラル・ハイスクール」。今も学生達が通う一公立高校なのだが、ここでかつて全米の衆目が集まる人種差別騒動が起こり、アメリカの公民権運動の大きな舞台になったのだ。

公立学校における黒人と白人の分離教育が、アメリカ合衆国憲法に違憲するとの判決が下されたのが1954年(ブラウン判決)。そして、ここアーカンソー州のリトルロックでも1957年に融合教育化のために、9人の黒人生徒が転入することになった。


ところが登校の日、白人有権者層をバックに就任した当時のアーカンソー州知事が、あろうことか州兵を派兵してこの登校を阻止してしまい、この融合教育に反対する白人層も生徒を取り囲む、人種差別の大騒動となる。これは、全米のみならず国際社会からも注目を浴び、当時のアメリカ合衆国大統領アイゼンハワーが、米陸軍第101空挺師団を派遣する事態となる。黒人生徒達は、この軍の護衛付きで登校をしたのだった。

Related article

  • 新しいファミレスのかたち「100本のスプーン」あざみ野にオープン
    新しいファミレスのかたち「100本のスプーン」あざみ野にオープン
  • ミラノサローネ2015|Vol.1 代表ブランドの展示を直球レポート
    ミラノサローネ2015|Vol.1 代表ブランドの展示を直球レポート
  • タオルもインテリア~タイム&スタイルの暮らしを変える布
    タオルもインテリア~タイム&スタイルの暮らしを変える布
  • 飛行機に乗ってまで観に行く価値がある、極上のショーとは
    飛行機に乗ってまで観に行く価値がある、極上のショーとは
  • ハーマンミラー初のLEDインテリアライト、リーフライト
    ハーマンミラー初のLEDインテリアライト、リーフライト
  • ますます選択肢が広がる、イームズシェルチェア
    ますます選択肢が広がる、イームズシェルチェア

Prev & Next

Ranking

  • 1
    堂島リバービエンナーレ2011 レポート
  • 2
    中目黒高架下にラグブランド「Layout」のショップがオープン
  • 3
    車と人のいい関係。ボルボ V40、デザイナーが語る北欧主義
  • 4
    裸身の妖精、ジュリアン・ムーアが輝く
  • 5
    肩に掛けて掃除、「カタツムリ型」ハンディクリーナー
  • 6
    Rの凄み+ゴルフの誠実=VWゴルフR|試乗レポート
  • 7
    コンペティション9作品の授賞式-第13回東京フィルメックス 
  • 8
    2014年のシュー・オブ・ザ・イヤー、J.S.T.F
  • 9
    人気のシュウ ウエムラ、村上隆コラボクリスマスコレクション
  • 10
    史上最速のフラッグシップモデル「フェラーリ F12ベルリネッタ」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加