木で作る、技を知る、DIYがっこう「CABIN」へ

2015年 6月 14日 08:00 Category : News

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ここにはスライド丸ノコ、ボール盤、糸ノコといった木工用機械がいろいろありますが、どれも家庭でも購入して使えるものばかり。家でも使える工具を念頭に揃えています。でも意外なのが、カンナやノミなどの手道具への関心が高いことですね。僕の個人的な趣味から、今ではすっかり見ない道具などもあるんですけれど、それを使いたいという人もいます。カンナの研ぎコースも女性に人気で驚いているんです。精神統一になるみたいですよ」。


DIYがっこうでは、ここへくれば好きな道具を使うことができる。道具を使うためにここへ来る人もいる。以前に比べてモノ作りが好きな人、木工が好きな人が増えている、と湊さん。

そもそも湊さんが木工を始めたのも「木という素材なら、時間をかければ自分の好きな形が作れる」というのが理由だった。以前は設計事務所で、モダンインテリアを学んでいたそうだが、モノ作りに興味を持ってからは、どんどん木の魅力に取りつかれるようになった。

「子供の頃、木を削って遊んだり。そういう記憶って皆さんあると思うんです。木は素材として、想像力をかきたてるところがありますよね。特に僕は秋田の能代という、製材のメッカといわれる場所で育ったので、昔から木を見てきたことも影響しているかもしれません」。


CABINで扱っている木材は、主に陸前高田の杉材。2011年、震災後の支援のため現地の杉を有効活用するプロジェクトを始めて以来、今も陸前高田の杉にこだわって使っている。プロジェクトの発起人、桑原憂貴さんはCABINの代表でもある。湊さんは桑原さんに声をかけられて、仲間として参加してきた。


「陸前高田の木工職人さんたちに出会って、その技に感銘を受けたんです。伝統的な気仙大工という方たちがいるのですが、神社や船などを作る伝統技術を今もおじいさんたちが継承しているんですね。ですから木材を通じて、陸前高田とのつながりをこれからも失いたくないと思っているんです」と湊さん。

Related article

  • ゲンズブールも愛した、レノマの新たなコレクション
    ゲンズブールも愛した、レノマの新たなコレクション
  • 氷れる建築に現れた、アウディの「絆」ツリー
    氷れる建築に現れた、アウディの「絆」ツリー
  • 世界最速、ボルトをサポートしたPUMAのウェア&シューズ
    世界最速、ボルトをサポートしたPUMAのウェア&シューズ
  • レッドカーペットの定番、ジミー チュウの華奢サンダル
    レッドカーペットの定番、ジミー チュウの華奢サンダル
  • 春の新作満開、ボッテガ・ヴェネタが六本木ヒルズにオープン
    春の新作満開、ボッテガ・ヴェネタが六本木ヒルズにオープン
  • 【スカパラ・谷中敦 × シトロエンDS5】 想像を超える旅
    【スカパラ・谷中敦 × シトロエンDS5】 想像を超える旅

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ロータス、新型「ロータス エキシージS」発売
  • 2
    【レポート】第三回ヘンタイ美術館、「理想と現実、どちらがヘンタイか」
  • 3
    グリーン ポルシェ!  パナメーラS e-ハイブリッド
  • 4
    車と人のいい関係。ボルボ V40、デザイナーが語る北欧主義
  • 5
    インタビュー:マリオ・ベリーニ、名作誕生を語る
  • 6
    谷尻誠インタビュー:都心の広場に巨大なジャングルジムが出現
  • 7
    ムービー:軽井沢千住博美術館、西沢立衛設計
  • 8
    iPad、販売台数200万台を突破
  • 9
    レイバンの名作が、ミッドセンチュリー色にパワーアップ
  • 10
    アルフレッド ダンヒル 銀座本店がオープン

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加