オーストラリア大陸が凝縮された神秘の島へ|疾走オーストラリア、9000kmの旅#03

2015年 6月 22日 09:00 Category : News

このエントリーをはてなブックマークに追加

メルボルンからカンガルー島へ。


#03-01.45分間の快適な船旅
メルボルンを出発し一路アデレード方面を目指し北西に向う。メルボルンからアデレード間は大きく分けて二つのルートがあり、海側をまわるルートは有名なサーフスポットや自然によって形成された岸壁が続くグレートオーシャンロードなどたくさんの見所がある。もう一つは内陸を進むルートで、もしアデレードまでの道のりを急ぐようであれば海側のルートの約2/3の時間でたどり着くことができる。今回は内陸の道を選択した。

メルボルンから走り続けること約750km、フェリー乗り場のあるケープ・ジャービスに到着する。港のまわりには見晴台ぐらいしかなく、フェリーが着岸するために作られたような場所だ。見晴らし台からはフェリー乗り場を見下ろせ、奥にうっすらと目的地カンガルー島が見える。


カンガルー島への行き方として車を島に持ち込みたい場合は船の一択しかないが、近郊の街アデレードからはツアーバスを使ったり、20~30人乗りのプロペラ機で渡るというパターンも可能。ただし島内のレンタカーは、台数の少なさや走行距離に応じて加算されていく料金を考えるとあまり経済的ではないかも知れない。船便を一手に引き受けているのがSEALINKという会社で、時期にもよるが船は一日6~10便ほど出ている。車両の積載台数は決まっているのでもし車をフェリーに乗せたい場合は公式のウェブサイトから予約しておいた方が確実だろう。金額は片道で大人一人約$50、車両が約$100かかる。


島へ物資を運ぶ大きなトレーラーも積まれる。夏などの繁忙期は積める車の台数も限られる。


フェリー船内は空調も効いていて売店もある。45分間の船旅があっという間に終わってしまうくらい快適だ。


カンガルー島の玄関口ペネショウの町に到着。


シーリンクWEBサイト

Related article

  • クルーズ新世紀(1)~船長インタビュー|ダイヤモンド・プリンセスの楽しみ方
    クルーズ新世紀(1)~船長インタビュー|ダイヤモンド・プリンセスの楽しみ方
  • 南西フランス、ミディ・ピレネーへの旅(2)
    南西フランス、ミディ・ピレネーへの旅(2)
  • 高層ビルとアート。再生された街、シカゴの魅力
    高層ビルとアート。再生された街、シカゴの魅力
  • 静かに愉しめる、セントーサ島ナイトスポット/モダンに進化、シンガポールへエスケープ(5)
    静かに愉しめる、セントーサ島ナイトスポット/モダンに進化、シンガポールへエスケープ(5)
  • 生命が溢れ、先住民が守る楽園。クルーズで自然の息吹を感じて
    生命が溢れ、先住民が守る楽園。クルーズで自然の息吹を感じて
  • 近未来都市「マカオ」、その建築
    近未来都市「マカオ」、その建築

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フォトギャラリー:ボルボ C70
  • 2
    北斎 VS 広重 浮世絵、富士山対決
  • 3
    カルト的人気を集める五木田智央、美術館展開催
  • 4
    新鮮なグラフィックデザインで「壁を装う」
  • 5
    ロールス・ロイスがブランドムービー「スピリット・オブ・エクスタシー」を公開
  • 6
    60年を経て、中原淳一の「夢の机」を商品化
  • 7
    フェミニンに生まれ変わったブルガリ・ブルガリ
  • 8
    「けはいに ふれる」クリスマスディスプレイ
  • 9
    震災で進化した仙台伝統工、玉虫塗プロダクト「TOUCH CLASSIC」
  • 10
    メルセデス-AMGから新しい歴史が紡がれる。「AMG GT」デビュー

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加