地球のへそを目指し灼熱の大地を走る|疾走オーストラリア、9000kmの旅#04

2015年 6月 23日 08:00 Category : News

このエントリーをはてなブックマークに追加

#04-02.宇宙に一番近い町
旅の途中で見つけたとても不思議な町を紹介したい。その町の名はウーメラ。ポートオーガスタから約170km、スチュアート・ハイウェイを北上し少しハイウェイから外れた場所にある。砂漠の中にぽつんと存在するその町は人の気配も殆どなく、いたるところにロケットエンジンや飛行機のオブジェが展示してある。まるでSFドラマXファイルにでも出てきそうな不思議な雰囲気の町である。


町の奥を進んでいくと気になるサインのホテルを発見した。エルドホテルというそのホテルに入るとこの町の奇妙な空気の答えが見つかった。


まずホテルのラウンジで見つけたのが大きなロケットの設計図らしきもの。他にもウーメラの歴史やここで何が行われてきたかを示す資料がたくさん並んでいた。


この一帯はかつてロケット発射場として開発され今も軍の管理下にある立入制限区域だそうだ。ウーメラ試験場と呼ばれ、その広さは日本の本州の半分以上という桁違いの大きさだ。

町にあったロケットのオブジェはここでさまざまなロケット試験が行われつくられてきたモノのレプリカのようだ。そしてウーメラの町はその実験や試験ための宿泊や生活をサポートするために作られた人口の町であった。

ウーメラという名前を初めて聞く人も多いと思うが、実は日本の宇宙開発にも深い関わりがある。有名なところでは、日本中に感動を与えた小惑星探査機「はやぶさ」のカプセルが着陸したのはこのウーメラ試験場であった。


もしこの町に寄ることができたならば、ぜひエルドホテルを訪れてほしい。貴重なこの町の資料をみることができるのはもちろんだが、このホテルのミッドセンチュリーモダンな空間は一見の価値あり。宇宙好きな人間ならばテンションが上がらずにはいられないはずだ。

Related article

  • 11/23、レスポートサック フラッグシップ店がリニューアルオープン
    11/23、レスポートサック フラッグシップ店がリニューアルオープン
  • 【速報】 日本橋三越本店  「ISETAN MITSUKOSHI DESIGN WEEK 2013」
    【速報】 日本橋三越本店 「ISETAN MITSUKOSHI DESIGN WEEK 2013」
  • 銘酒「Ohmine」 を誕生させた秋山剛志氏に聞く―Bamboo Stylus duoで生まれる「伝え方」
    銘酒「Ohmine」 を誕生させた秋山剛志氏に聞く―Bamboo Stylus duoで生まれる「伝え方」
  • 写真で旅する/モルディブ、極上という名のリゾート(1)
    写真で旅する/モルディブ、極上という名のリゾート(1)
  • 気鋭の詩人 菅原敏に聞く―Bamboo Stylus duoで「かく」ということ
    気鋭の詩人 菅原敏に聞く―Bamboo Stylus duoで「かく」ということ
  • 足を伸ばしてウルル(エアーズロック)へ。満天の星空の下ディナーを
    足を伸ばしてウルル(エアーズロック)へ。満天の星空の下ディナーを

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フォトイメージングエキスポ2007
  • 2
    レイングッズだから楽しめるド派手カラーの雨の日アイテム
  • 3
    今週末見るべき映画「1001グラム ハカリしれない愛のこと」
  • 4
    ドワネルさんがおすすめする、夏のさわやかワイン
  • 5
    ドイツのデザイン家電が100台!ミーレのショールームが目黒に
  • 6
    大人の炭酸で乾杯したい「トゥモローランド」
  • 7
    シュールに歪んだデビアス銀座が3/20オープン
  • 8
    現代アートの最先端から次世代の「視点」を見る、森美「六本木クロッシング2013展」
  • 9
    中島かずき氏インタビュー|どんなときでも、とりあえず手を動かす
  • 10
    2018年12月15日~2019年2月2日(土)Ahn Jun「One Life」展 CASE TOKYO

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加