日本の秋を祝福 ペリエ ジュエ最高醸造責任者エルヴェ・デシャン氏

2015年 11月 6日 14:00 Category : News

このエントリーをはてなブックマークに追加

-今回のロゼ・シャンパーニュのテイスティングと、それはどのようなセパージュ(ブドウ品種)の特徴が出ているのでしょうか?

シャルドネ45%、ピノ・ノワール50%、ピノ・ムニエ5%の割合で使用しており、デリケートでフローラルなシャルドネにピノ・ノワールが赤ワインらしい力強さを加え、ピノ・ムニエはこの2つの橋掛けの役割をして、ハーモニーが出来上がっているのです。
色は、透明感のあるロゼの輝きに、秋らしい落ち着いたコパーを帯びた赤に泡がガーネットのようなきらめきを出しています。アロマは、これも秋の赤い果物であるザクロ、柿を感じると思います。さらにそこから砂糖漬けのオレンジなど柑橘類の芳醇さや焙煎し始めた段階のカカオ豆のような香ばしさも加わります。エレガントでみずみずしいストラクチャーと秋の温かい陽だまりにいるかのようなあたたかみと柔らかさを味わえるキュヴェになっています。


キュヴェを出す際には、メゾンのシェフと様々な食材とのマリアージュもテストします。この2つのニュアンスのハーモニーはどんなお料理にも合いますが、果実を使ったフレンチ、特に柿を使った料理にぴったりでした。まだ試してはいませんが、私はマグロや若い鹿肉などにもとてもマッチすると思います。

-ペリエ ジュエの200年以上の歴史を引き継ぎながら、新しいキュヴェを生み出して行く時に心がけておられることは?

まず、メゾンのスピリットを永続させるということが一番重要です。そのために、前年に獲れたブドウをアッサンブラージュする2月3月という時季をとても大切にしています。この時季は、その年のポテンシャルを探りながら、朝から晩までテイスティングを重ねます。何といってもアッサンブラージュは、一度やってしまうと後で訂正がきかない重要なものだからです。


私は学問としては醸造学と農業工学を学び、ワインのクオリティを保つための研究をしましたが、このアッサンブラージュは学校で学ぶように身につけるものではありません。
前任の最高醸造責任者と10年の時を共にし、若いワインをアッサンブラージュして3年から6年後にどのようなワインになるかという先見が持てるようになっていくわけです。

Related article

  • インタビュー:ハイメ・アジョンが九谷焼に挑んだ足跡
    インタビュー:ハイメ・アジョンが九谷焼に挑んだ足跡
  • 本棚の奥から現れるハワイのとっておきの隠れ家「ザ モダン ホノルル」
    本棚の奥から現れるハワイのとっておきの隠れ家「ザ モダン ホノルル」
  • ベルギービールウィークエンド、横浜・山下公園で開催
    ベルギービールウィークエンド、横浜・山下公園で開催
  • 25日よりシャンパーニュの祭典「ノエル・ア・ラ・モード」
    25日よりシャンパーニュの祭典「ノエル・ア・ラ・モード」
  • パリの街角vol.3『サンマルタン運河。クリス・ヴァン・アッシュ with シンスケ』
    パリの街角vol.3『サンマルタン運河。クリス・ヴァン・アッシュ with シンスケ』
  • インタビュー:ニコラ・ニコロフ「ポスト・フォッシル」展より
    インタビュー:ニコラ・ニコロフ「ポスト・フォッシル」展より

Prev & Next

Ranking

  • 1
    熟成肉ブームの先駆け「京都 中勢以」、新たなる挑戦
  • 2
    ジャズ名盤講座第10回「ヴァーヴ編(その3)」ビギナー向け9選!マスター向け9選!
  • 3
    行灯を重ねたような「和のシャンデリア」
  • 4
    フォトギャラリー:「アルファ ロメオ 8C コンペティツィオーネ」
  • 5
    「ピュアレチノール」の力で、肌を着替えるようにリニューアル
  • 6
    ジャズ名盤講座第33回「Enja+Steeplechase」Enja24選!Steeplechase24選!
  • 7
    ジャズ名盤講座第37回「Candid+Black Lion & Freedom編」Candidの魅力を味わう名盤38選!Black Lion&Freedomの魅力を味わう9選!
  • 8
    世界の90%の人たちを相手にするデザインとは?
  • 9
    吉岡徳仁が、Kartell社より新作「TWINKLE」を発表
  • 10
    山のような建築 雲のような建築 森のような建築

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加