『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

「つかう本」幅允孝が提案する、考えることを刺激する本

2010年 1月 22日 17:00 Category : News

このエントリーをはてなブックマークに追加

 本との関わり方を提案し続けるBACH代表、幅允孝氏監修の本が発売になった。幅氏は人と本がもういちどうまく出会うため、本屋さんとつくるだけでなく、レストランや家具屋さんなど、普段は本がない場所に本棚をつくる。その仕事ぶりからブックディレクターと呼ばれている。

「つかう本」監修:幅 允孝、千里リハビリテーション病院 ポプラ社、120ページ、¥1,575

 例えば、併設のカフェで本を楽しむことのできる「TSUTAYA TOKYO ROPPONGI」や、アニメや博物書など、ジャンルのことなるさまざまな本を縦横無尽にセレクトすることで話題になった国立新美術館内「スーベニア・フロム・トーキョー」、羽田空港という地の利から羽田発の旅がさらに楽しめるような本を集めた「トーキョーズ トーキョー」など、これまで手がけた空間や本棚はどれもがユニークで、訪れる人たちの思考を刺激するものであった。

 「つかう本」は、幅氏がセレクトを手がけた、大阪・千里にあるリハビリテーション専門病院にあるライブラリーの本棚から生まれたもの。

 脳や脊椎を損傷した人たちのリハビリを目的に、それをお手伝いするためにつかうための本ということだけで何やら興味津々なのだが、他ならぬ幅氏が選んだ「リハビリのための本」、ということに強く興味をひかれた。

Related article

  • 森山大道の初期マガジンワークより幻の名作写真シリーズ
    森山大道の初期マガジンワークより幻の名作写真シリーズ
  • 茶の湯の世界でおもてなしの心を 日本橋三越本店で「彩り茶会」が開催中
    茶の湯の世界でおもてなしの心を 日本橋三越本店で「彩り茶会」が開催中
  • ポートランド発人気のライフスタイル誌『KINFOLK』の日本版が登場
    ポートランド発人気のライフスタイル誌『KINFOLK』の日本版が登場
  • Works/アート|革新し続けるデザイナー 吉岡徳仁(3)
    Works/アート|革新し続けるデザイナー 吉岡徳仁(3)
  • 写真家 濱田英明がうつしだすニーシングの世界
    写真家 濱田英明がうつしだすニーシングの世界
  • フルサイズセンサー搭載、究極の「ライカM9」
    フルサイズセンサー搭載、究極の「ライカM9」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    最新デザイナーズキッチン、ユーロクチーナ2010
  • 2
    初の大規模個展 「蜷川実花展 地上の花、天上の色」
  • 3
    落合多武個展「スパイと失敗とその登場について」
  • 4
    4週間で肌質を変える美容液、アモーレパシフィック
  • 5
    イタリアの家具ブランド、フレックスフォルムの新作
  • 6
    近未来的集電旅行。BMW i3 REx|試乗レポート
  • 7
    厳選15ギャラリーによるアートフェア「G-tokyo 2010」開催
  • 8
    ポルシェ新型グランツーリスモ「パナメーラ」初披露
  • 9
    大森克己の個展「すべては初めて起こる」、29日まで
  • 10
    シックな花咲く夏 ベルギー・プリマドンナ

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加