究極の米作りを模索、鮮度にこだわる 「今摺り米」

2010年 3月 12日 20:00 Category : News

このエントリーをはてなブックマークに追加

 一日に一回でも米を食べると安心する。日本人の習性だろうか。数千年もの間、日本の食卓の中心にあり続ける米をもう一度見直す、そして米の価値を上げる。そんな大きな夢を抱いて「最高の米」を作るべく、一人の男が立ち上がった。越後ファームの近正宏光さんだ。

 近正さんの考え方はいたってシンプル。「最高に美味しい米を新鮮な状態で食べてもらいたい」。そうして作り上げたのが「今摺り米」(いまずりまい)である。

2kg¥1,344 5kg¥3,360

 通常の米は、収穫すると一括で籾摺りされ農協に検査を受け等級がつけられる。その後、産地の農協や生産者等が「玄米」として保管し米問屋に卸され、最後に精米して出荷される。しかし、近正さん曰く「米は籾のまま保管しておくのが一番美味しい」と。収穫された後も、籾のままで保管しておけば米は生き続ける。逆に考えると、籾摺りを行った時点から米の劣化は始まっていくのだという。

 「籾のまま米を保管しておくのが一番美味しいことは、米を作っている農家の人たちはみなさん知っていること。ですが、実質不可能と言われているんです。というのも、籾のままで米を置いておくと何倍にも嵩張りますから、誰もやりたがらない(笑)。私たちは、それをいかにうまく流通させられるかを考えて、「今摺り米」の生産に至ったのです」(近正さん)

 越後ファームの「今摺り米」は、冷蔵倉庫にて籾の状態で米を保管し、小売業者から受注があった後に少量ずつ「籾摺り・農産物検査・精米」の工程を実施し出荷する手法を取った。自社内に資格保有した農産物民間検査員を常駐させることで、米問屋を介さずに出荷できるというわけだ。

Related article

  • 木の名作椅子「HIROSHIMA」が生まれる現場を訪ねる。 マルニ木工・本社工場レポート
    木の名作椅子「HIROSHIMA」が生まれる現場を訪ねる。 マルニ木工・本社工場レポート
  • 真鍋大度+石橋素の新作、メディアアートの現在を見る
    真鍋大度+石橋素の新作、メディアアートの現在を見る
  • 今もっとも注目すべき作家 「名和晃平 - シンセシス」
    今もっとも注目すべき作家 「名和晃平 - シンセシス」
  • auの新プロジェクト「another work*s」が始動
    auの新プロジェクト「another work*s」が始動
  • まばゆい「光の彫刻」に酔いしれる
    まばゆい「光の彫刻」に酔いしれる
  • 見て、聞いて、触って、香って「森」の今を知る
    見て、聞いて、触って、香って「森」の今を知る

Prev & Next

Ranking

  • 1
    銘酒「Ohmine」 を誕生させた秋山剛志氏に聞く―Bamboo Stylus duoで生まれる「伝え方」
  • 2
    「世紀末芸術」の旗手、フェルディナント・ホドラー展
  • 3
    ジャズ名盤講座第2回「ブルーノート~4000番台編」ビギナー向け15選!マスター向け23選!
  • 4
    #謎1|パーク ハイアット 東京、その謎
  • 5
    ジャズ名盤講座第9回「ヴァーヴ編(その2)」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 6
    amadanaケータイ N705iがベールを脱いだ
  • 7
    キム・ジョーンズ来日、ルイ・ヴィトン 六本木ヒルズ店 メンズフロアリニューアルの夜
  • 8
    今週末見るべき映画「ティエリー・トグルドーの憂鬱」
  • 9
    今週末見るべき映画「ビリー・エリオット ミュージカルライブ/リトル・ダンサー」
  • 10
    黒と白の新・水栓美学、ドイツのグローエ社から

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加