ミッドセンチュリーデザインを継承、ハミルトン新作

2012年 2月 9日 15:11 Category : Watch

このエントリーをはてなブックマークに追加

 デザイン通にも人気の時計ブランド、ハミルトンから、あのベンチュラの新作「ベンチュラ XXL」SSケースモデルが登場。デザインの歴史を体現できる、キャラクタリスティックな時計が、ステンレススティール素材でさらにシャープさを増してリリースされた。

 ハミルトンの代表的モデル「ベンチュラ」は、1957年に発表され、世界初のエレクトリック・ウォッチとして注目を集めた。ミッドセンチュリーに生まれた時計らしく、左右非対称のケースや、アメリカ車を彷彿させる流線型のモチーフなど、随所にこだわりの“スタイル”が盛り込まれている。円か、長方形か、という時計ケースの常識を破るスタイルは、当時から現在にいたるまで常に革新的であり続けた。アメリカの工業デザイナー、リチャード・アービブによるデザイン。

ベンチュラXXL ¥126,000 自動巻き、ステンレススティールケース、サファイアクリスタル、5気圧防水、ケースサイズ縦54×幅46mm、ブラックラバーストラップ。

 ちなみにベンチュラが発表されたのち、あの映画『2001年宇宙の旅』の時計デザインも、ハミルトンが担当したという。ハミルトンの感性は、当時のフューチャリスティックデザインの潮流をも牽引していたといえる。

 その後、「ベンチュラ」はオリジナルの存在感を受け継ぎながらも進化し、ケース幅46mmのビッグサイズ“XXL”モデルも登場した。スケールを拡大することで、ケース上下に施された流線型モチーフもインパクトを増し、スポーティな印象に。また文字盤は、ムーブメントが透けて見えるメッシュ仕様になっている。

 リュウズ部分も強調され、タフなアクセントに。ムーブメントは、あえてアナログを選択し、機械式を採用。裏蓋は、ムーブメントが見えるシースルーバックとなっている。従来のXXLモデルは、ガンブラックPVD加工が施されていたが、新作ではケースにステンレススティールを採用し、よりインテリジェンスな要素が加わった。カジュアルな装いにも、ジャケットスタイルにも、気軽に合わせられるインパクトウォッチとなった。

お問い合わせ:ハミルトン/スウォッチ グループ ジャパン tel03-6254-7371

取材/東ミチヨ

Related article

  • 新感覚、超軽量ラバーベルト「tie-ups」
    新感覚、超軽量ラバーベルト「tie-ups」
  • フォトギャラリー:FLOS「soft-architecture」
    フォトギャラリー:FLOS「soft-architecture」
  • 新しい建築、そして東京の都市を考える。ザハ・ハディド展
    新しい建築、そして東京の都市を考える。ザハ・ハディド展
  • 鏡の髪型展 「清水久和インタビュー」
    鏡の髪型展 「清水久和インタビュー」
  • バレンタインにセルジュ・ルタンスの香り+α
    バレンタインにセルジュ・ルタンスの香り+α
  • 「メイド・イン・カッシーナ」展、6月7日まで開催中
    「メイド・イン・カッシーナ」展、6月7日まで開催中

Prev & Next

Ranking

  • 1
    婚約者の友人 【今週末見るべき映画】
  • 2
    長く使い続けるソファ|イタリア、フレックスフォルム
  • 3
    モノトーン・シックな北欧の花瓶が登場
  • 4
    「世界を魅了したティファニー 1837-2007」展が開催
  • 5
    フランスの最高級発酵バター「エシレ」の専門店がオープン
  • 6
    「ロディア」75周年記念のクリスマス限定商品
  • 7
    2014年のシュー・オブ・ザ・イヤー、J.S.T.F
  • 8
    フォトギャラリー:日産コンセプトカー「インフィニティ エッセンス」
  • 9
    凄すぎる特別招待作品-第14回東京フィルメックス
  • 10
    六本木、オールナイトでアートにひたろう 「六本木アートナイト2013」は一晩限りの非日常へのトリップ

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加