ミッドセンチュリーデザインを継承、ハミルトン新作

2012年 2月 9日 15:11 Category : Watch

このエントリーをはてなブックマークに追加

 デザイン通にも人気の時計ブランド、ハミルトンから、あのベンチュラの新作「ベンチュラ XXL」SSケースモデルが登場。デザインの歴史を体現できる、キャラクタリスティックな時計が、ステンレススティール素材でさらにシャープさを増してリリースされた。

 ハミルトンの代表的モデル「ベンチュラ」は、1957年に発表され、世界初のエレクトリック・ウォッチとして注目を集めた。ミッドセンチュリーに生まれた時計らしく、左右非対称のケースや、アメリカ車を彷彿させる流線型のモチーフなど、随所にこだわりの“スタイル”が盛り込まれている。円か、長方形か、という時計ケースの常識を破るスタイルは、当時から現在にいたるまで常に革新的であり続けた。アメリカの工業デザイナー、リチャード・アービブによるデザイン。

ベンチュラXXL ¥126,000 自動巻き、ステンレススティールケース、サファイアクリスタル、5気圧防水、ケースサイズ縦54×幅46mm、ブラックラバーストラップ。

 ちなみにベンチュラが発表されたのち、あの映画『2001年宇宙の旅』の時計デザインも、ハミルトンが担当したという。ハミルトンの感性は、当時のフューチャリスティックデザインの潮流をも牽引していたといえる。

 その後、「ベンチュラ」はオリジナルの存在感を受け継ぎながらも進化し、ケース幅46mmのビッグサイズ“XXL”モデルも登場した。スケールを拡大することで、ケース上下に施された流線型モチーフもインパクトを増し、スポーティな印象に。また文字盤は、ムーブメントが透けて見えるメッシュ仕様になっている。

 リュウズ部分も強調され、タフなアクセントに。ムーブメントは、あえてアナログを選択し、機械式を採用。裏蓋は、ムーブメントが見えるシースルーバックとなっている。従来のXXLモデルは、ガンブラックPVD加工が施されていたが、新作ではケースにステンレススティールを採用し、よりインテリジェンスな要素が加わった。カジュアルな装いにも、ジャケットスタイルにも、気軽に合わせられるインパクトウォッチとなった。

お問い合わせ:ハミルトン/スウォッチ グループ ジャパン tel03-6254-7371

取材/東ミチヨ

Related article

  • きらめく異次元へ、シャネル銀座リニューアルオープン
    きらめく異次元へ、シャネル銀座リニューアルオープン
  • 初夏の休日を過ごすなら「メルシャン軽井沢美術館」で
    初夏の休日を過ごすなら「メルシャン軽井沢美術館」で
  • 話題の西武池袋本店で、人気見本市が「そのまま買える」
    話題の西武池袋本店で、人気見本市が「そのまま買える」
  • 必見のスペイン大使館「I’m in love」レポート
    必見のスペイン大使館「I’m in love」レポート
  • 吉岡徳仁による「132 5. ISSEY MIYAKE」青山店がオープン
    吉岡徳仁による「132 5. ISSEY MIYAKE」青山店がオープン
  • 日用品のデザイン「SyuRo」/蔵前・鳥越、つくり手の顔が見える街(2)
    日用品のデザイン「SyuRo」/蔵前・鳥越、つくり手の顔が見える街(2)

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フォトギャラリー:史上、最も環境に優しいレンジローバー「Range_e」
  • 2
    山のような建築 雲のような建築 森のような建築
  • 3
    今週末見るべき映画「ビルマVJ 消された革命」
  • 4
    1949年から変わらない、スウェーデンの収納
  • 5
    「ミミオ図書館」被災地に贈るメッセージ入り絵本を募集
  • 6
    サローネよりも面白い?  「ポスト・フォッシル」展
  • 7
    イケアの新コレクション「ストックホルム」、上質な素材とデザインにこだわり
  • 8
    ロータス、新型「ロータス エキシージS」発売
  • 9
    今週末見るべき映画「セッションズ」
  • 10
    コスチュームデザイナー・ARAKI SHIRO(後篇)|『構築的耽美主義、目指すは世界』|Interview

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加