普遍力を武器に。カルティエ新作「カリブル ドゥ カルティエ クロノグラフ」

2013年 5月 3日 08:00 Category : Watch

このエントリーをはてなブックマークに追加

 カルティエの技と感性に磨かれた「カリブル ドゥ カルティエ」が、さらにパワーアップ。新たにクロノグラフのモデルが加わった。スポーティな機動力が増した新作は、次世代のアイコンウォッチとなりそうな普遍性を備えている。その魅力を解き明かしてみたい。

 2010年に誕生して以来、男のモダニズムを象徴するウォッチとして支持されて きた「カリブル ドゥ カルティエ」。一目でカルティエとわかる、伝統的スタイルを受け継ぐ文字盤のディテール、大きめの42mmのケースを活かしたタフなキャラクター、自社製ムーブメントなど、マニュファクチュール カルティエならではの異才を放つ男の時計は幅広い層に愛されてきた。
今回の新作「カリブル ドゥ カルティエ クロノグラフ」は、マニュファクチュールのこだわりをさらに進化させ、完全自社製クロノグラフ ムーブメント、キャリバー1904-CH MCを搭載。汎用モデルとしてはカルティエ初の100%自社製クロノグラフとなった。新たなイノベーションを確立した記念すべきモデルとしても注目したい。

「カリブル ドゥ カルティエ クロノグラフ」¥1,029,000
ステンレス スティールケース&ブレスレット、ケース径42mm、自動巻き。

 ムーブメントから自社生産にこだわるマニュファクチュールとしての側面を、強力に打ち出してきた今回の新作クロノグラフ。その卓越した技術の一つとして、スタート、ストップ、リセットを精密に連動させるコラムホイールが搭載されており、ケースバック越しに見ることができる。また一連の機能をプッシュボタンで同時にリセットする線形リセットハンマーを搭載するなど、使いやすさと技術的革新を両立させた時計になっている。

Related article

  • カルティエ、バロン ブルーの新モデル
    カルティエ、バロン ブルーの新モデル
  • 豹がパリから抜け出した? カルティエ製作ショートフィルムの舞台裏
    豹がパリから抜け出した? カルティエ製作ショートフィルムの舞台裏
  • カルティエの新作バッグ「マルチェロ ドゥ カルティエ」
    カルティエの新作バッグ「マルチェロ ドゥ カルティエ」
  • カルティエ、マニュファクチュールであることの威信
    カルティエ、マニュファクチュールであることの威信
  • 腕に光る釘。モダンアートなカルティエ新作「ジュスト アン クル」
    腕に光る釘。モダンアートなカルティエ新作「ジュスト アン クル」
  • 吉岡徳仁「Cartier Time Art」展、フォトレポート
    吉岡徳仁「Cartier Time Art」展、フォトレポート

Prev & Next

Ranking

  • 1
    カルト的人気を集める五木田智央、美術館展開催
  • 2
    新鮮なグラフィックデザインで「壁を装う」
  • 3
    ロールス・ロイスがブランドムービー「スピリット・オブ・エクスタシー」を公開
  • 4
    60年を経て、中原淳一の「夢の机」を商品化
  • 5
    フェミニンに生まれ変わったブルガリ・ブルガリ
  • 6
    「けはいに ふれる」クリスマスディスプレイ
  • 7
    震災で進化した仙台伝統工、玉虫塗プロダクト「TOUCH CLASSIC」
  • 8
    メルセデス-AMGから新しい歴史が紡がれる。「AMG GT」デビュー
  • 9
    4月21日から5月12日までチャン・ディック「Chai Wan Fire Station」展を開催
  • 10
    フォトギャラリー:フライターグ「F76 LEO」「F77 BEN」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加