普遍力を武器に。カルティエ新作「カリブル ドゥ カルティエ クロノグラフ」

2013年 5月 3日 08:00 Category : Watch

このエントリーをはてなブックマークに追加

 カルティエの技と感性に磨かれた「カリブル ドゥ カルティエ」が、さらにパワーアップ。新たにクロノグラフのモデルが加わった。スポーティな機動力が増した新作は、次世代のアイコンウォッチとなりそうな普遍性を備えている。その魅力を解き明かしてみたい。

 2010年に誕生して以来、男のモダニズムを象徴するウォッチとして支持されて きた「カリブル ドゥ カルティエ」。一目でカルティエとわかる、伝統的スタイルを受け継ぐ文字盤のディテール、大きめの42mmのケースを活かしたタフなキャラクター、自社製ムーブメントなど、マニュファクチュール カルティエならではの異才を放つ男の時計は幅広い層に愛されてきた。
今回の新作「カリブル ドゥ カルティエ クロノグラフ」は、マニュファクチュールのこだわりをさらに進化させ、完全自社製クロノグラフ ムーブメント、キャリバー1904-CH MCを搭載。汎用モデルとしてはカルティエ初の100%自社製クロノグラフとなった。新たなイノベーションを確立した記念すべきモデルとしても注目したい。

「カリブル ドゥ カルティエ クロノグラフ」¥1,029,000
ステンレス スティールケース&ブレスレット、ケース径42mm、自動巻き。

 ムーブメントから自社生産にこだわるマニュファクチュールとしての側面を、強力に打ち出してきた今回の新作クロノグラフ。その卓越した技術の一つとして、スタート、ストップ、リセットを精密に連動させるコラムホイールが搭載されており、ケースバック越しに見ることができる。また一連の機能をプッシュボタンで同時にリセットする線形リセットハンマーを搭載するなど、使いやすさと技術的革新を両立させた時計になっている。

Related article

  • フランス、カルティエ現代美術財団でビートたけし/北野武の展覧会
    フランス、カルティエ現代美術財団でビートたけし/北野武の展覧会
  • カルティエ|願いをこのアミュレットに託してお守りジュエリーに
    カルティエ|願いをこのアミュレットに託してお守りジュエリーに
  • 吉岡徳仁「Cartier Time Art」展、フォトレポート
    吉岡徳仁「Cartier Time Art」展、フォトレポート
  • SIHH2010レポート:カルティエのインハウスムーブメント
    SIHH2010レポート:カルティエのインハウスムーブメント
  • インタビュー:カルティエ現代美術財団キュレーターに聞く
    インタビュー:カルティエ現代美術財団キュレーターに聞く
  • twitterによるSIHH2010現地からの速報
    twitterによるSIHH2010現地からの速報

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ファーストレディにふさわしい、ピアジェ「ミニ・プロトコール」
  • 2
    深澤直人×アレッシィ「柴犬」のような鍋
  • 3
    瑞々しい若手100人超のアーティストが描く「羊がいっぱい!」展
  • 4
    ジャン・レノ主演、IWC「ポルトギーゼ」映画上映パーティ
  • 5
    建築のような、自然のような。谷尻誠の個展「Except」
  • 6
    今週末見るべき映画「アーティスト」
  • 7
    今週末見るべき映画「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」
  • 8
    シトロエン DS4で新しく驚きに満ちたデートを
  • 9
    ティファニー、憧れと誘惑をまとう/3)ティファニー アトラス
  • 10
    予感させるSUVたち|シカゴオートショー2015

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加