シンプルさを究極まで追求、スクエアストリートウォッチ

2014年 1月 31日 12:00 Category : Watch

このエントリーをはてなブックマークに追加

一分一分の針の刻みからそのデザインに至るまで、全てにデザイナーのこだわりが光るSquare Street Watches。すべての無駄を削ぎ落とし、シンプルさを追求することでデザインの選択肢はせばまってしまう。しかしスウェーデン出身のデザイナー、David Ericsson と Alexis Holmの二人はあえてそこに挑戦した。


特にそのこだわりが顕著にあらわれているのが、一つ針のこちらの時計。文字盤に一つの針だけがあることでそのデザインのシンプルさが際立つ。12個の長い目盛りが時間を示し、次に長い目盛りが15分を刻み、一番短い目盛りが5分刻みで時間を示し、一周12時間で一日で2周する。一目で時間を読むことができる究極のミニマリズムも彼らならではの探究心が垣間みれる。

Related article

  • ブラウンの最新プレミアムシェーバーをレビュー
    ブラウンの最新プレミアムシェーバーをレビュー
  • 美と機能の融合! CHEMEXの自動コーヒーメーカー登場
    美と機能の融合! CHEMEXの自動コーヒーメーカー登場
  • 「TOKUJIN YOSHIOKA_Crystallize」展~吉岡徳仁氏に聞く
    「TOKUJIN YOSHIOKA_Crystallize」展~吉岡徳仁氏に聞く
  • Interview:エドワード・バーバー氏・ジャパンクリエイティブ
    Interview:エドワード・バーバー氏・ジャパンクリエイティブ
  • 伊勢丹新宿店「CHARM LAND / チャームランド」続報
    伊勢丹新宿店「CHARM LAND / チャームランド」続報
  • 2014年のシュー・オブ・ザ・イヤー、J.S.T.F
    2014年のシュー・オブ・ザ・イヤー、J.S.T.F

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フォトギャラリー:ホンダ新型ハイブリッド「インサイト」国内発表
  • 2
    節電時代の救世主? 美しい扇風機「GreenFan2」
  • 3
    フォトギャラリー:新型フェアレディZ北米モデル「370Z」
  • 4
    いったいどれが自分? 「“これも自分と認めざるをえない”展」
  • 5
    この秋、フィンランドデザインが新宿に集結
  • 6
    フォトギャラリー:モレスキン「Detour」展
  • 7
    橋から着想、ステイショナリーブランド・ポスタルコのバッグ
  • 8
    世界最速、ボルトをサポートしたPUMAのウェア&シューズ
  • 9
    フォトギャラリー:Art Baselにカルティエ「ビートたけし/北野武」展?
  • 10
    フォトギャラリー:「フェラーリ・カリフォルニア」日本初公開

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加