Kickstarterで4,500万円を集めた、思わず人に話したくなる「触る時計」とは?

2015年 6月 26日 06:00 Category : Watch

このエントリーをはてなブックマークに追加

視覚障がい者の皆さんはどのように時間を調べているのか、ふと疑問に思わないだろうか?

視覚障がい者は時計の文字盤と針を直接触って時間を知る。そのため視覚障がい者向けの時計は、文字盤と針を直接触れるようにデザインされている。文字盤を直接触れるので、視覚障害者向けの時計は丈夫に作られている。そのため自然と針が太くなりがち。また直接触るので壊れやすく、時間も狂いやすいという問題があった。


そんな視聴覚障がい者たちの悩みをデザインから解決しようと立ち上がったのがアメリカの時計ブランド、EONEだ。ブランド理念は「WE BELIEVE THAT GOOD DESIGN IS NOT EXCLUSIVE BUT INCLUSIVE(優れたデザインは、限定された誰かのためのものではなく、全ての方のためのものだ)」。日常の当たり前についてもう一度見つめ直し、固定観念を捨て、違った視点で問題解決に取り組む。このことでインパクトのある新しい価値を追求するブランドである。


固定観念を捨てる。まず時計の機能とデザイン、この二つをEONEチームが根本的に解体した。「時を知るためにどうして針が必要なんだ?」、「時計の強度をあげるためにどうして頑丈にしなくてはならないんだ?」、「視覚障がい者の方々にとって美しいデザインってなんだ?」実際に視覚障がい者の方々からのヒアリングを重ねた。

Related article

  • オーデマ ピゲ ブティック銀座でクリスマスフェア
    オーデマ ピゲ ブティック銀座でクリスマスフェア
  • バーゼル速報 パテックの伝統、ウブロの挑戦
    バーゼル速報 パテックの伝統、ウブロの挑戦
  • PUMAが英国クラシックシューズを限定発売
    PUMAが英国クラシックシューズを限定発売
  • シャネル|メンズコスメ、真夏のビューティー指南(5)
    シャネル|メンズコスメ、真夏のビューティー指南(5)
  • ブルーノート東京が提案、大人仕様のスタンドカフェ「TUNE」誕生
    ブルーノート東京が提案、大人仕様のスタンドカフェ「TUNE」誕生
  • 時計の祭典「第20回 三越ワールドウオッチフェア~時の継承~」が開催
    時計の祭典「第20回 三越ワールドウオッチフェア~時の継承~」が開催

Prev & Next

Ranking

  • 1
    街の文具店「カキモリ」/蔵前・鳥越、つくり手の顔が見える街(1)
  • 2
    ミラノサローネ2010、ムービー:吉岡徳仁「Stellar」
  • 3
    TIME & STYLE×文田昭仁「LOCUS」シリーズを発表
  • 4
    スピーチレスな魅力、アンリ・サラ個展
  • 5
    建築のような、自然のような。谷尻誠の個展「Except」
  • 6
    落合多武個展「スパイと失敗とその登場について」
  • 7
    ケーブルをスッキリまとめるオーガナイザー、「soba」
  • 8
    フォトギャラリー:「プジョー308」発表会
  • 9
    デジタル時代のバング&オルフセン「BeoSound 8」
  • 10
    ビブリオファイル Cruising 8月のおすすめ

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加